宮前区版 掲載号:2016年6月24日号 エリアトップへ

水球日本代表荒井陸選手 「感謝し結果残したい」 リオへ向け市長に決意語る

スポーツ

掲載号:2016年6月24日号

  • LINE
  • hatena
福田市長とガッチリ握手する荒井選手(左)
福田市長とガッチリ握手する荒井選手(左)

 水球のリオデジャネイロオリンピック男子日本代表メンバーで、宮前区の(株)プラザハウスに所属する荒井陸(あつし)選手(22)が、リオへの出発を前に14日、福田紀彦市長を訪ね、意気込みなどを語った。

 荒井選手は高津区の出身で、小学生の時に地元のカワサキスイミングクラブで水球を始めた。大学最強の日本体育大学で鍛えられ、在学中に日本代表メンバー入り。身長168センチ・体重62キロと小柄だが、スピードを武器に海外の選手と対等に渡り合う姿から”世界一小さな巨人”と呼ばれている。

 席上、荒井選手は「オリンピックに出場でき、あこがれの選手と対戦できるなんて夢のようです。リオ出場が決まってから200日におよぶ合宿を行い、1日1万メートル泳ぐなど、日本の戦術に欠かせない運動量に対応する体をつくってきました。また、自分自身は昨年の世界水泳の対ロシア戦から自信を深めている部分もあります。この春社員として受け入れていただいたプラザハウスを始め、支えてくれている方や今までお世話になった方々への感謝の気持ちを持ちながら、結果を残せるよう頑張ってきます」と語った。

 それに対し福田市長は「五輪出場という快挙を成し遂げたことに敬意を表したい。子どもたちに勇気を与えてくれるプレーを期待しています」と激励の言葉をおくった。

 水球男子日本代表は、32年ぶりに五輪に出場する。

宮前区版のローカルニュース最新6

「新たなドラマを」

【Web限定記事】

「新たなドラマを」 スポーツ

等々力球場、完成祝い式典

10月23日号

夢見ヶ崎で植樹祭

【Web限定記事】

夢見ヶ崎で植樹祭 社会

市内100万本達成記念で

10月23日号

今年は ”うちで化けよう”

今年は ”うちで化けよう” 文化

カワハロ「仮装動画」募集

10月23日号

景況感「依然厳しく」

川崎市内中小企業

景況感「依然厳しく」 経済

川信調査、8期連続マイナス

10月23日号

泥んこで収穫

泥んこで収穫 教育

飛森谷戸(とんもりやと)で稲刈り体験

10月23日号

財政白書を発行

希望者に無料配布

財政白書を発行 社会

市職労・自治研センター

10月23日号

閉店セール 12月31日まで!

金・プラチナ高価買取も2020年12月31日まで!見積り無料

044-833-6891

川崎市薬剤師会

お薬手帳の上手に使うためのコツあります!

http://www.kawayaku.or.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月23日0:00更新

  • 10月16日0:00更新

  • 10月9日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月23日号

お問い合わせ

外部リンク