宮前区版 掲載号:2016年11月4日号 エリアトップへ

第45回「聖医祭」の実行委員長を務めた 石井 雅人さん 聖マリアンナ医科大学4年生 22歳

掲載号:2016年11月4日号

  • LINE
  • hatena

聖マリならではの学園祭を

 ○…11月2日、3日に行われた聖マリアンナ医科大学の学園祭「聖医祭」の実行委員長を務めた。今年のテーマは『愛と、人と、医と。』「日本で唯一のキリスト教系医科大学としての建学の精神に基づいたテーマを掲げ聖マリにしかできない学園祭を目指しました」と話す。注目して欲しいのは日本で初めて導入された勤務犬ミカの活動紹介だ。「ミカも立派な職員。彼の人を癒す活動を皆に知ってもらいたい」と熱く語る。

 ○…勉強だけでなく趣味にも夢中。所属する軽音楽部ではキーボードを担当している。実は実行委員に入ったのも聖医祭のときに同部活がステージの音響を担当していたことがきっかけなのだという。昨年の実行委員長から委員長職をバトンタッチされた時はプレッシャーも感じたが「安心して任せられる」と言われたことを励みにこれまでの経験を活かして準備を進めてきた。

 ○…産婦人科の医師を目指す。中学生の頃に自分が産まれる時に実は命の危険があったのだということを聞いた。「お産に時間がかかって、鉗子(かんし)分娩という産科鉗子(かんし)を使って赤ちゃんを引っ張り出す方法で産まれたそうなんですけど、その話を聞いて自分も人の命を救えるような仕事がしたいと思って医学に興味を持ちました」。5年生で行う実習は、先輩からは「熱心な先生たちから学ぶことはとても多く、ためになる授業」と評判で、今から楽しみだという。

 ○…実行委員長として心がけたことはメンバーの意見をしっかりと聞いてよりよい学園祭になるように「調整役」に徹したこと。いいものを作りたいという思いの下に集まったメンバーの熱い思いが時にはぶつかってしまうこともあった。しかし、メンバー全員の「学校の特色を生かして、地域の人との交流の場になって欲しい」との強い思いがあってのこと。この熱意が参加者みんなが楽しめる学園祭の実現に繋がっている。

宮前区版の人物風土記最新6

田村 延子さん

食生活推進員として、食のボランティア活動を行う

田村 延子さん

けやき平在住 77歳

1月22日号

田中 信司さん

職人技を駆使し、受験生や闘病者向けにカツ丼キーホルダーを製作している

田中 信司さん

水沢在住 46歳

1月15日号

谷内 颯志朗さん

関東地区代表として子ども将棋大会の全国大会に出場する

谷内 颯志朗さん

宮前平在住 13歳

12月18日号

森島 悠希さん

東急ストアフードステーション宮前平駅前店の店長に就いた

森島 悠希さん

宮前平在勤 34歳

11月27日号

脇坂(わきざか) 泰斗さん

川崎フロンターレMFで背番号「8」を付けてプレーする

脇坂(わきざか) 泰斗さん

横浜市青葉区在住 25歳

11月20日号

蟻生  寛郎(ありう ひろお)さん

川崎フロンターレ算数ドリルを創刊以来製作している有馬小の総括教諭の

蟻生 寛郎(ありう ひろお)さん

有馬小学校在勤 45歳

11月13日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月15日0:00更新

  • 1月8日0:00更新

  • 12月18日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク