宮前区版 掲載号:2017年1月13日号 エリアトップへ

宮前区医師会の新会長に就任した 鎌田 正広さん 鎌田クリニック院長 56歳

掲載号:2017年1月13日号

  • LINE
  • hatena

実効性のある地域医療を

 ○…区内の約150人の医師が所属する宮前区医師会の会長に就任した。会長として力を入れていくことは前会長の時から取り組んできた在宅医療の充実化と災害時の地域医療体制作り。「聖マリアンナ医科大学病院を中核とし医師会、薬剤師会、歯科医師会や行政、介護、看護サイドとも連携をとって地域に密着した医療体制を目指します」とオール宮前で充実をさせていきたいと意気込みを語る。

 ○…2000年に開業した区内南平台の鎌田クリニックの院長を務める。ひとりの医師として患者と向き合うことに加え、区民に健康や医療に対する知識を広めようと薬以外の治療法を知ってもらうために講座を開いてきた。その経験を生かし15年ほど前に当時の会長と医師会として講座を開くことを始めた。「患者さん自身が病気を深く知って理解することが治療を行う上でも大切」と話す。

 ○…東京都出身。腎臓病を長年患っていた母の姿を見て「病気に苦しむ人を助けられる仕事がしたい」と小学生のころに医師になることを決めていた初志貫徹の人物。夢が叶った今、同院の院長をする傍ら聖マリアンナ医科大学病院で月2回外来を行うなど多忙な日々を送る。「外来に行くのは紹介した患者さんの経過を見ることもでき、新しい知識を手に入れられる機会なので苦にはならない」と話す。現在の楽しみは「娘が高校に入って入部した料理部で作った手料理を食べること」と満面の笑みで話してくれた。

 ○…「区の人口も増えてきたが、1人暮らしの高齢者も増えた。病床数にも限りがあるので今後さらに在宅医療が重要になってくる」と各地域医療機関のこれからの在り方を訴える。また、ここ数年で起きた災害時の医療に対しては、計画だけでなく実際に区民1人ひとりを知る、かかりつけ医が動ける体制を作っていかなければならない」とも。力強い眼差しでこれからの地域医療の充実を誓った。

宮前区版の人物風土記最新6

安齊 久男さん

川崎市連合遺族会の会長として戦争の悲惨さを伝える

安齊 久男さん

西野川在住 84歳

4月16日号

古川 由美子さん

民間枠の聖火ランナーとして大磯町を走る

古川 由美子さん

土橋在住 56歳

4月9日号

岡野 正志さん

宮前図書館の館長を務める

岡野 正志さん

宮前平在勤 59歳

4月2日号

北村 清士さん

ヨネッティー王禅寺でパステル画教室の講師を30年務める

北村 清士さん

菅生ヶ丘在住 83歳

3月26日号

田代 流生(りゅうい)さん

障害者の芸術活動を支え、彼らが地域で普通に暮らせる社会をめざす

田代 流生(りゅうい)さん

有馬在住 39歳

3月19日号

松澤佑紀さん

アマビエを描く地上絵企画を発案した

松澤佑紀さん

向丘中学校勤務 37歳

3月12日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月16日0:00更新

  • 4月9日0:00更新

  • 4月2日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter