宮前区版 掲載号:2017年2月17日号
  • googleplus
  • LINE

日本歌手協会の最優秀新人賞に選ばれた(株)ミュージック・オフィス合田、JMG SOUND所属 Jinさん(本名:田場仁) 野川在住 19歳

期待に歌で応えたい

 ○…甘く優しい癒しの歌声が魅力のJ-POPシンガー。昨年8月にミニアルバム「泣かないで」で歌手デビュー。国内で約600人の歌手が所属する日本歌手協会の昨年の最優秀新人賞に選ばれた。「色々な人に支えられ、あっという間にデビューをさせてもらい、賞も頂いた。周囲の期待に応えるためにも歌手として全力でがんばらないと」と力強い眼差し。

 ○…楽しいことが好きだという両親が買ったカラオケで喉を鍛えてきた。そんな歌声にほれ込んだ業界関係者と親交のある地元の人から昨年1月の同協会のカラオケ大会に出場してみないかと持ちかけられチャレンジすることに。その時点では歌手になろうとは思っていなかったが、高い実力を発揮し最優秀賞に選ばれた。さらに同協会の田辺靖雄会長に「いいね、プロオーディションでも受かるよ」とほめられたことで、歌手への挑戦をきめた。同年の同協会が主催するプロレベルオーディションに挑戦。熱を出しながらも強い気持ちで歌い切り、歌唱力と共に意識の高さも認められ合格しプロへの一歩を踏み出した。デビュー後は音楽フェスや歌謡ショーへの出演で経験を重ねる。現在はその感情表現豊かな歌声で観衆を魅了している。

 ○…野川生まれ、野川育ち。6人兄弟の長男として生まれ、都内の大学に通う。世界で一番尊敬する人は母親。エステを経営しながら子どもを育て朝から晩まで働く姿に「本当にすごい」と尊敬の眼差しを向ける。趣味は海水魚を飼うこと。ディズニー映画に影響されカクレクマノミを飼っていて「毎日世話をすることが何より楽しい時間」とにっこりわらう姿はあどけない。

 ○…夢は壮大で歌手として稼いだお金で、大好きな水族館を作ってそこで応援してくれた人のために歌うこと。「絶対無理だと言われてもそれがやりたい」と熱く語る。学生生活と歌手活動の2足のわらじだが夢に向かって全力で走ると誓う。

宮前区版の人物風土記最新6件

四宮(しのみや) 菊乃さん

女子ボクサーとして史上最年少で3月、プロデビュー戦に挑む

四宮(しのみや) 菊乃さん

1月12日号

大野 龍太郎さん(本名 賢司)

色彩美術魚拓家として来年NHK放送センター内でアート魚拓展を開催する

大野 龍太郎さん(本名 賢司)

12月22日号

伊藤 紅華(こうか)さん

川崎市茶華道協会の理事長として伝統文化の伝承に努める

伊藤 紅華(こうか)さん

12月15日号

岩永 浩二さん

音楽プロデューサーの傍ら障害者が芸術にふれあう活動を続ける

岩永 浩二さん

12月8日号

清水 義久さん

宮山スポーツプラザの館長に就任した

清水 義久さん

12月1日号

奥津 茂樹さん

若い世代の応援を目的とする「さくら坂スタジオ」の管理人を務める

奥津 茂樹さん

11月24日号

子の神福祉会便り

地域の福祉をトータルサポート

http://www.fujimiplaza.com/

<PR>

宮前区版の関連リンク

あっとほーむデスク

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

鷺沼小で防災訓練

鷺沼小で防災訓練

21日 フェアも同時開催

1月21日~1月21日

宮前区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年1月12日号

お問い合わせ

外部リンク