宮前区版 掲載号:2017年11月17日号 エリアトップへ

聖マリアンナ医科大学で学園祭「聖医祭」の実行委員長を務める 朝比奈 光暉(こうき)さん 医学部4年 22歳

掲載号:2017年11月17日号

  • LINE
  • hatena

自ら楽しみ、笑顔つなぐ

 ○…総勢84人の実行委員会メンバーのまとめ役を担う。今年はテーマに『繋ぐ』を掲げた。「学年や部活、学校という枠にとらわれずに、タテとヨコ、地域とのつながりが広がる場にしたい」。そんな思いを込めた。目玉となるのは、今年約10年ぶりに復活させた「ミス・ミスターコンテスト」だ。「身内だけでなく、一般の人にも楽しんでほしい。支えてくれている地域の方への感謝を伝えられれば」

 ○…聖医祭には1年生の頃から関わっている。資材設置など雑務を担う裏方だったが、1年程前、メンバー同士の飲み会で「次は任せる」と次期実行委員長に指名された。「柄ではないが、流れで自然と決まってしまった」と苦笑い。一方で、どんな時でも友人から「ちょっと相談が…」と声をかけられるほど、委員会の中では頼りにされる存在だ。「大人数なのでいろんな人がいる。大変だけどメンバーの意見を聞いて、常に中立の立場にいることを一番心掛けている」。周囲への配慮を忘れない。

 ○…祖父の代から続く青葉台の耳鼻咽喉科の家に生まれ、小学生の頃から医学部に進むことを自然と考えていたという。「継いでほしい」と言われたことはないが、「医者以外は考えたことがなかった」と医療の道をまっすぐ進んでいる。「患者さんに寄り添える医者になりたい」。胸の奥に志を秘め、ふと表情を緩める。忙しい日々だが、硬式テニス部や軽音部にも所属している。ロック好きで、ギター担当。時間ができると音楽フェスにもよく足を運ぶ。「来年からは病院実習が始まる。楽しめるのもラストかな」と少し寂しげな表情ものぞかせる。

 ○…「まずは自分たちが楽しむこと。そうすれば楽しさが伝染する」と実行委員会のメンバーに伝えた。聖医祭に携わるのも今年で最後。「最高の仲間と最高の思い出をつくりたい」。悔いを残さぬよう、当日までの最後の数日間を全力で駆け抜ける。

宮前区版の人物風土記最新6

高嶋 笑鈴(えりん)さん

聖マリアンナ医科大学の学園祭「聖医祭」の実行委員長を務める

高嶋 笑鈴(えりん)さん

多摩区在住 27歳

6月21日号

井田 政男さん

多摩川の「アユ釣り」年間の釣果10,000匹を目指す

井田 政男さん

神木本町在住 75歳

6月14日号

松下 彩花さん

4月のオープンウォータースイミングアジア選手権10Kmの部で優勝した

松下 彩花さん

田園スイミングスクール所属 26歳

6月7日号

佐藤 貴房(たかふさ)さん

みやまえスモールビジネスネットワークの代表を務める

佐藤 貴房(たかふさ)さん

馬絹在住 44歳

5月31日号

佐々木 俊一さん

高津区の劇場で、6月に初めてマジックのソロライブを行う

佐々木 俊一さん

鷺沼在住 19歳

5月24日号

熊田 嘉範(よしのり)さん

宮前警察署の新署長に3月13日付で就任した

熊田 嘉範(よしのり)さん

神木本町在住 55歳

5月17日号

河井 明子さん

今年20周年の宮前ガーデニング倶楽部の代表を務める

河井 明子さん

宮崎在住 61歳

4月26日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月19日0:00更新

  • 4月5日0:00更新

  • 3月15日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

動脈硬化を学ぼう

動脈硬化を学ぼう

嘱託内科医が講師

7月12日~7月12日

宮前区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年6月21日号

お問い合わせ

外部リンク