宮前区版 掲載号:2017年11月24日号 エリアトップへ

若い世代の応援を目的とする「さくら坂スタジオ」の管理人を務める 奥津 茂樹さん 宮崎在住 57歳

掲載号:2017年11月24日号

  • LINE
  • hatena

まちの敏腕プロデューサー

 ○…地域の若い世代がチャレンジするためのスペースを無料で貸し出す宮崎台「さくら坂スタジオ」の管理人を務める。若い子育て中のママたちがお菓子教室やフリーペーパーづくりなど様々な活動を展開中だ。昨年3月のオープンから1年半が経過し、念願の1階路面のテナントに9月末、移転した。「この地域には才能ある人材=資源がある。上手く活用できるように応援していくのが、年寄り(自分)の仕事」

 ○…スタジオをはじめたきっかけは、地元の祭り「ふる里さくら祭り」だ。昨年20周年を迎え、高齢化による担い手不足を実感。そこで世代交代の仕掛けとして、スタジオを始めた。無料で利用できるが必ず守らなければならない条件がある。それは「さくら祭り」の企画・運営に参加すること。スタジオの家賃の支払い、運営などは、いわば手弁当。「子どもが大学卒業して手が離れたので、子どもへの投資から、地域に投資。物欲がなくって、心地よい空間をつくる方が好き」。白いキャンバスに絵を描くように、まちを彩る。

 ○…平塚市出身。大学院では当時珍しい「情報公開」を専攻。専門家として著書の出版やコメンテーターでテレビ出演していた時期もあった。結婚を機に宮崎台に移り住んだのは25年前。2001年には川崎市長選に出馬したことも。「若くて順風満帆だった時期。調子に乗っていたよね」と苦笑いしながら敗戦を振り返る。それ以来、政治家への道は諦めたのだとか。現在は都内、仙台、北海道の予備校で講師を務めながら、月刊誌への連載コラム執筆、自治体職員向け研修講師など多忙な日々を送る。

 ○…「初対面でも言葉を交わせる場を。地域交流の網の目をさらに細かくしていきたい」。活動の場を地域の公園に広げていく構想もある。「年寄りだから『しげじい』と呼ばれたいね」と笑うが、その行動力は、さながらまちづくりの敏腕プロデューサーのようだ。

宮前区版の人物風土記最新6

針山 直幸さん

すがお手つなぎまつり実行委員会の委員長を務める

針山 直幸さん

菅生・蔵敷こども文化センター館長 70歳

10月18日号

影山 亥史郎(いしろう)さん

みやまえJUN-CAN会議とみやまえエコPPKの代表を務める

影山 亥史郎(いしろう)さん

有馬在住 72歳

10月4日号

石塚 三郎さん

50周年式典を開催した県営有馬団地自治会の会長を務める

石塚 三郎さん

東有馬在住 78歳

9月20日号

松下 幸子さん

絵本の読み聞かせボランティアを13年続ける

松下 幸子さん

宮崎在住 83歳

9月13日号

中山 紳一さん

公益財団法人川崎市スポーツ協会の会長に就任した

中山 紳一さん

中原区在住 58歳

9月6日号

小林 昇さん

川崎市遊技場組合の組合長に就任した

小林 昇さん

(有)三島商事 代表取締役社長 55歳

8月30日号

轟(とどろき) 淳次さん

国際ロータリー第2590地区(川崎・横浜)のガバナーに就任した

轟(とどろき) 淳次さん

三和矢崎サービス(株)代表取締役会長 76歳

8月23日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月18日0:00更新

  • 8月30日0:00更新

  • 8月23日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月18日号

お問い合わせ

外部リンク