宮前区版 掲載号:2017年11月24日号 エリアトップへ

若い世代の応援を目的とする「さくら坂スタジオ」の管理人を務める 奥津 茂樹さん 宮崎在住 57歳

掲載号:2017年11月24日号

  • LINE
  • hatena

まちの敏腕プロデューサー

 ○…地域の若い世代がチャレンジするためのスペースを無料で貸し出す宮崎台「さくら坂スタジオ」の管理人を務める。若い子育て中のママたちがお菓子教室やフリーペーパーづくりなど様々な活動を展開中だ。昨年3月のオープンから1年半が経過し、念願の1階路面のテナントに9月末、移転した。「この地域には才能ある人材=資源がある。上手く活用できるように応援していくのが、年寄り(自分)の仕事」

 ○…スタジオをはじめたきっかけは、地元の祭り「ふる里さくら祭り」だ。昨年20周年を迎え、高齢化による担い手不足を実感。そこで世代交代の仕掛けとして、スタジオを始めた。無料で利用できるが必ず守らなければならない条件がある。それは「さくら祭り」の企画・運営に参加すること。スタジオの家賃の支払い、運営などは、いわば手弁当。「子どもが大学卒業して手が離れたので、子どもへの投資から、地域に投資。物欲がなくって、心地よい空間をつくる方が好き」。白いキャンバスに絵を描くように、まちを彩る。

 ○…平塚市出身。大学院では当時珍しい「情報公開」を専攻。専門家として著書の出版やコメンテーターでテレビ出演していた時期もあった。結婚を機に宮崎台に移り住んだのは25年前。2001年には川崎市長選に出馬したことも。「若くて順風満帆だった時期。調子に乗っていたよね」と苦笑いしながら敗戦を振り返る。それ以来、政治家への道は諦めたのだとか。現在は都内、仙台、北海道の予備校で講師を務めながら、月刊誌への連載コラム執筆、自治体職員向け研修講師など多忙な日々を送る。

 ○…「初対面でも言葉を交わせる場を。地域交流の網の目をさらに細かくしていきたい」。活動の場を地域の公園に広げていく構想もある。「年寄りだから『しげじい』と呼ばれたいね」と笑うが、その行動力は、さながらまちづくりの敏腕プロデューサーのようだ。

宮前区版の人物風土記最新6

井田 政男さん

多摩川の「アユ釣り」年間の釣果10,000匹を目指す

井田 政男さん

神木本町在住 75歳

6月14日号

松下 彩花さん

4月のオープンウォータースイミングアジア選手権10Kmの部で優勝した

松下 彩花さん

田園スイミングスクール所属 26歳

6月7日号

佐藤 貴房(たかふさ)さん

みやまえスモールビジネスネットワークの代表を務める

佐藤 貴房(たかふさ)さん

馬絹在住 44歳

5月31日号

佐々木 俊一さん

高津区の劇場で、6月に初めてマジックのソロライブを行う

佐々木 俊一さん

鷺沼在住 19歳

5月24日号

熊田 嘉範(よしのり)さん

宮前警察署の新署長に3月13日付で就任した

熊田 嘉範(よしのり)さん

神木本町在住 55歳

5月17日号

河井 明子さん

今年20周年の宮前ガーデニング倶楽部の代表を務める

河井 明子さん

宮崎在住 61歳

4月26日号

仲 典幸さん

3月に発足した「高山土曜ストア」育てる会の初代会長に就任した

仲 典幸さん

高山団地在住 58歳

4月19日号

あっとほーむデスク

  • 4月19日0:00更新

  • 4月5日0:00更新

  • 3月15日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

動脈硬化を学ぼう

動脈硬化を学ぼう

嘱託内科医が講師

7月12日~7月12日

宮前区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年6月14日号

お問い合わせ

外部リンク