宮前区版 掲載号:2018年11月23日号 エリアトップへ

買物支援、5ルートに フレンド神木ライン開設

社会

掲載号:2018年11月23日号

  • LINE
  • hatena
フレンド神木ラインの出発式に臨む関係者
フレンド神木ラインの出発式に臨む関係者

 宮前区社会福祉協議会、老人ホームなどを運営する社会福祉法人、地域住民らが連携して実施している買い物支援サービス事業が11月から4エリア5ルートに拡大した。

 地域の社会福祉法人から車両を借り、地域住民が運転と添乗ボランティアを担い、エリアの乗り合い所からスーパーマーケットまで送迎する取り組み。区社会福祉協議会が調整役を務める。昨年11月に開始された。

 11月8日に新設したのはフレンド神木ライン。対象は五所塚、高山団地周辺で、相鉄ローゼンたいら店まで送迎する。当日は出発式が行われ、同社協の浮岳堯仁会長などが出席。車両を貸与する社会福祉法人三神会の井田渉本部長は「地域貢献が求められている。社会的使命を果たす上でも重要な取組。地域の役に立てれば嬉しい」と話す。

 そのほかのルートは「鷲ヶ峯─水沢」「鷲ヶ峯─平」「アピエ─東有馬」「富士見プラザ─東有馬」。エリアによって運行日程が異なる。

 サービス利用対象は宮前区内在住の高齢者世帯または障害者世帯で、そのほかの諸条件あり。今年夏から利用要件を拡大し、要支援1・2の人も利用可能になった。問い合わせは同社協【電話】044・856・5500。

宮前区版のローカルニュース最新6

高齢者の介護や生活に関する展示

【Web限定記事】宮前市民館

高齢者の介護や生活に関する展示 社会

緊急事態宣言でミニ相談会は中止に

1月22日号

スギは例年並み、ヒノキは少ない

【Web限定記事】 花粉飛散量

スギは例年並み、ヒノキは少ない 社会

県調査で予測

1月22日号

馬絹神社でどんど焼き

馬絹神社でどんど焼き 文化

無病息災願い

1月22日号

自治消防今もなお

自治消防今もなお 文化

馬絹地区で出初式

1月22日号

地域をつなぐ祝い箸

「ご近助マスク」第2弾25日から

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月15日0:00更新

  • 1月8日0:00更新

  • 12月18日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク