宮前区版 掲載号:2018年11月23日号 エリアトップへ

「ラベンダーサポートみやまえ」の代表を務める 宮田 雅子さん 宮崎在住 

掲載号:2018年11月23日号

  • LINE
  • hatena

がん患者らに寄り添う

 ○…今月27日に区社協福祉パルで初開催する『ラベンダー保健室』を主催する、「ラベンダーサポートみやまえ」の代表を務める。「がんと向き合えるサロンを宮前区に作りたい」という想いを共有するケアマネージャーや看護師、地域包括支援センター職員らを束ねる。「頼れる仲間たちばかりなので、自分がその役割を求められているならと引き受けました」と、メンバーに全幅の信頼を寄せる。

 ○…在宅支援の仕事をする中で、がんを宣告され闘病し旅立っていく人、そしてその家族ら周りの人たちの姿をたくさん見てきた。次第に「この人たちにもっと何かできることがあるのではないか」という気持ちが強くなり、術を模索。がんサロン開設にたどり着いた。「人はがん宣告されたら、必ず混乱します。そのあとどうしたらいいのか?時にはネットに振り回されたり。家族も同じです。その方たちの相談相手になったり、寄り添うことで少しでも手助けができたら」と真剣な眼差し。

 ○…静岡出身。看護師を10年以上務めた後、夫の転勤に伴い15年ほど前に宮前区へ。現在は長女とともに3人暮らし。ミュージカルや芝居鑑賞が好きで、今年の正月に初めて本場ブロードウェイのミュージカルを堪能。「すごくよかった」と目を輝かせる。今回の活動も家族は応援してくれていると嬉しそうだ。

 ○…「死を意識する人たちに対し接することの責任は計り知れません。メンバーは皆覚悟をもって臨んでいます」。同サロンは利用者らの意見を聴きながらつくっていくという。「とにかく来てくれた人がホッとできる雰囲気を作っていきたい。がんでなくても不安を抱えている人たちなど、誰でも気軽に寄れる場として、仲間を増やしながら続けていきたい」。笑顔が力強かった。

閉店セール 12月31日まで!

金・プラチナ高価買取も2020年12月31日まで!見積り無料

044-833-6891

<PR>

宮前区版の人物風土記最新6

森島 悠希さん

東急ストアフードステーション宮前平駅前店の店長に就いた

森島 悠希さん

宮前平在勤 34歳

11月27日号

脇坂(わきざか) 泰斗さん

川崎フロンターレMFで背番号「8」を付けてプレーする

脇坂(わきざか) 泰斗さん

横浜市青葉区在住 25歳

11月20日号

蟻生  寛郎(ありう ひろお)さん

川崎フロンターレ算数ドリルを創刊以来製作している有馬小の総括教諭の

蟻生 寛郎(ありう ひろお)さん

有馬小学校在勤 45歳

11月13日号

村田 仁志さん

「土橋ウォーク」の発起人として準備を進める

村田 仁志さん

土橋在住 69歳

11月6日号

前島 誠一さん

生田緑地ばら苑「ばら苑ボランティア会」の会長を今春から務める

前島 誠一さん

宮崎在住 69歳

10月30日号

石倉 周さん

中学生野球クラブチーム「川崎宮前ドリームス」を立ち上げ監督を務める

石倉 周さん

鷺沼在住 28歳

10月23日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月27日0:00更新

  • 11月20日0:00更新

  • 11月13日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 目のお悩みQ&A

    専門医が分かりやすく解説

    目のお悩みQ&A

     第5回「急性緑内障発作を起こしやすいと言われ心配です」

    11月27日号

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年11月27日号

お問い合わせ

外部リンク