宮前区版 掲載号:2019年2月15日号 エリアトップへ

第13回フォトコンテストで審査委員長特別賞を授賞した  中川 芳夫さん 菅生在住歴36年 70歳

掲載号:2019年2月15日号

  • LINE
  • hatena

埼玉から「みやまえ愛」

 ○…グランプリにあたる審査委員長特別賞の受賞作『豆を撒く』は、菅生神社の節分のワンシーンを切り取った作品。迫力を表現すべく、福を求めて伸びる腕を見事にとらえた、狙い通りの一枚だ。受賞の感想を求められ「まぐれですよ。信じられません」と頭をかく。実はグランプリは2回目の実力者。だが、5年前に挑戦した初めてのコンテストでは入賞すら逃した。その時の展示会で感銘を受けた。どの作品も「みやまえ愛」にあふれていたという。

 ○…36年間、菅生に住み続けていたが、一昨年に埼玉県比企郡小川町に引っ越した。実家が近いということもあり、その後も宮前区内で写真を撮り続けている。「これといった観光スポットは特にないが、自然や昔ながらの文化が残り、人々の表情が良い。田舎とも違う、都会とも違う」と宮前区が持つ魅力を語る。

 ○…カメラを初めて手にしたのは幼稚園の頃。玩具のカメラだった。本格的に始めたのは就職後の二十歳のころから。当時のカメラは二眼でモノクロ。ツーリング先の風景を撮影するのが主だった。バイクも大好き。一昨年、歳のため引退したが、これまで20台以上の愛馬にまたがってきた。職業は電機の技術者。現役時代は回路の設計などに携わってきた。機械いじりが好きで、秋葉原で部品を買って造ったオリジナルの実験道具が孫のおもちゃになることも。無線にも凝っており、アマチュア1級、プロ4級の有資格者だ。

 ○…絵を描くことも好きで、かつては漫画家を志した時期もあった。この絵の才能が写真に活きているのだろう。現在の愛機はニコンのD800。日帰りだが関東圏をめぐり、祭りの風景などを撮っている。「写真は生きがいの1つ。次は宮前区の雪景色を撮りたいな」

宮前区版の人物風土記最新6

田村 延子さん

食生活推進員として、食のボランティア活動を行う

田村 延子さん

けやき平在住 77歳

1月22日号

田中 信司さん

職人技を駆使し、受験生や闘病者向けにカツ丼キーホルダーを製作している

田中 信司さん

水沢在住 46歳

1月15日号

谷内 颯志朗さん

関東地区代表として子ども将棋大会の全国大会に出場する

谷内 颯志朗さん

宮前平在住 13歳

12月18日号

森島 悠希さん

東急ストアフードステーション宮前平駅前店の店長に就いた

森島 悠希さん

宮前平在勤 34歳

11月27日号

脇坂(わきざか) 泰斗さん

川崎フロンターレMFで背番号「8」を付けてプレーする

脇坂(わきざか) 泰斗さん

横浜市青葉区在住 25歳

11月20日号

蟻生  寛郎(ありう ひろお)さん

川崎フロンターレ算数ドリルを創刊以来製作している有馬小の総括教諭の

蟻生 寛郎(ありう ひろお)さん

有馬小学校在勤 45歳

11月13日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月15日0:00更新

  • 1月8日0:00更新

  • 12月18日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク