宮前区版 掲載号:2019年3月8日号 エリアトップへ

全国初の女性消防職員として、先月記念式典に登壇した 古尾谷(こびや) 敏江さん 元川崎市職員 68歳

掲載号:2019年3月8日号

  • LINE
  • hatena

川崎市消防のレジェンド

 ○…1969年の春、全国初の女性消防職員としてデビューした。市消防局で定年まで勤めた女性職員は自身を含め2人だけ。当時は「寿退社」が当たり前の時代。23歳で職場結婚したが、周囲の風当たりが強かった。1期生12人のうち11人が退職。最長で7、8年しか残らなかった。「私が辞めたら、女性はダメということになってしまう。後に繋げたい」。その一心で頑張った。女性の声を聴き、環境整備や心のケアにも尽力。女性初の管理職にも就いた。「レジェンド」。多くの職員が敬意をこめて呼ぶ。

 ○…身体を動かす仕事、そして人のために働きたい。横浜市中区の実家近くに消防学校(当時)があったこともあり、高校卒業後に川崎市消防局の門を叩いた。女性がいると思っていなかったから、と女性初ということにも物怖じすることはなかった。火事を減らすには広報、予防が必要。当時の女性職員は予防活動に従事した。「全国初」の話題性で連日マスコミから脚光を浴びた。一方、女性を受け入れられない男性職員から冷ややかな視線が向けられることも。職場には男性トイレしかない時代。「前例がないならレールを敷くのは自分の役割」と前を向いた。

 ○…定年後も消防関係の講師を務め、県内を飛び回る。地域活動にも熱心で、被災地を支援するボランティア活動や地元神社の氏子の世話人も。木工や竹細工など、ものづくりが好きで、正月の門松を手づくりする。

 ○…先月、女性職員誕生50周年を記念した式典にゲストとして登壇し、3人の子どもを産み育て、定年まで勤めたエピソードなどを語った。「仕事を休んでも家庭での経験が仕事に活きるのでマイナスではない。これからの女性にはいろいろなことに挑戦してもらいたい」とエールを送った。

宮前区版の人物風土記最新6

冨樫 結菜(ゆいな)さん

都内の舞台やテレビドラマなどに幅広く出演する

冨樫 結菜(ゆいな)さん

川崎市在住 24歳

2月21日号

佐藤 裕介さん

創立40周年を迎える有馬フレンズ総監督で記念式典実行委員長を務めた

佐藤 裕介さん

鷺沼在住 37歳

2月14日号

小谷田(こやた) 實さん

宮前区民生委員児童委員協議会の会長に就任した

小谷田(こやた) 實さん

宮崎在住 71歳

2月7日号

成田 真由美さん

パラリンピック競泳の金メダリストで、東京大会の日本代表入りを目指す

成田 真由美さん

多摩区在住 49歳

1月31日号

松平 晃さん

阪神・淡路大震災の日に、神戸市でトランペットを20年にわたり演奏する

松平 晃さん

市内在住 77歳

1月24日号

藤田 道宣さん

車いすフェンシング選手で、東京2020パラリンピック出場を目指す

藤田 道宣さん

菅生在住 33歳

1月17日号

勢津 智佳さん

川崎青年会議所(JC)の理事長に就任した

勢津 智佳さん

幸区在住 39歳

1月10日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月14日0:00更新

  • 2月7日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月21日号

お問い合わせ

外部リンク