宮前区版 掲載号:2019年6月14日号 エリアトップへ

映画「長いお別れ」監督 「今撮るべき映画を撮る」 中野量太氏に聞く

文化

掲載号:2019年6月14日号

  • LINE
  • hatena

 初の商業長編作「湯を沸かすほどの熱い愛」が日本アカデミー賞主要6部門を受賞するなど高い評価を受けた、日本映画学校出身の中野量太監督(45)。最新作「長いお別れ」では中島京子氏の同名小説を原作に、認知症を患い記憶を失っていく父と家族の7年間を描く。中野監督が「新しい認知症映画を撮りたい」という思いを込めた一本だ。

    ◆ ◆

 中野監督には映画を作る上で2本の柱がある。「今撮るべき映画を撮ること」と「苦しい状況の家族をベースにすること」だ。認知症はマイナスなイメージと結びつけやすいが、同作は随所にユーモアがあふれる。「厳しい中でも一生懸命な姿は滑稽だったりする」と語る中野監督。「認知症は苦しくて辛いと思っていても、つい笑っちゃうこともある。そんな知らない部分を教えるのも映画の役割だと思っている」。

 同校在学時から、麻生区や多摩区に住む中野監督。今作のロケ地には多摩川沿いや水道橋、小田急線はるひ野駅も使われた。「原作を読んだときに多摩川沿いの街並みの画が思い浮かんだ」と中野監督。「知っている場所が出てくると思うので麻生区民、多摩区民は必見ですね」とにやり。

 中野監督は家族や命を描いてきた。「生きることを描くため死を描く。見た後『生きる』という思いになる作品を今後も撮り続けると思う」ときっぱり。根本に映画はエンターテインメントという思いがある。「今回も楽しめる映画になっています」

今作には蒼井優、竹内結子、松原智恵子、山崎努などが出演する
今作には蒼井優、竹内結子、松原智恵子、山崎努などが出演する

宮前区版のローカルニュース最新6

持田県議、新春の集い

持田県議、新春の集い 政治

1月25日 ホテルKSP

1月17日号

縄文時代に触れる講演会

縄文時代に触れる講演会 文化

26日、土器づくり体験も

1月17日号

安心・安全を誓う

宮前区消防出初式

安心・安全を誓う 社会

1月17日号

炎に祈る無病息災

炎に祈る無病息災 文化

各地で「どんど焼き」

1月17日号

クラシックコンサート

アリーノ

クラシックコンサート 文化

区内在住ピアニスト出演

1月17日号

110番適正利用呼びかけ

110番適正利用呼びかけ 社会

宮前警察署が啓発活動

1月17日号

アリーノでかるた大会

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 11月15日0:00更新

  • 11月8日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

車いすフェンシング体験

パラリンピック正式種目 湯けむりの庄

車いすフェンシング体験

日本代表選手が登場

1月26日~1月26日

宮前区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月17日号

お問い合わせ

外部リンク