宮前区版 掲載号:2019年6月28日号 エリアトップへ

県の消防救助技術指導会「溺者救助部門」で1位を獲得したメンバーの一人 矢澤 隼人さん 平在住 26歳

掲載号:2019年6月28日号

  • LINE
  • hatena

目標は父のような救助隊

 ○…岡山で8月に行われる全国大会に一歩近づいた。次は関東大会。昨年は西日本豪雨の影響で、全国大会に出る権利は得ていたものの、不戦勝だった。再挑戦するため、今年も、昨年と同じチームのメンバーで戦いに臨むと決め、練習に励む。

 ○…3歳から明治大学4年生まで、水泳に日々を捧げた。橘高校3年生の時、沖縄のインターハイ「背泳ぎの部」200mで優勝に輝く。五輪出場を目標に必死で練習の日々を送るが、左腕の故障のために断念。昔からの本当の夢である「消防士」を目指した。「父が消防士なんです」と笑顔。同僚や先輩・後輩から頼りにされていた父。「負けないようにしないと」と父との実力差を痛感しつつも、前を向く。

 ○…高津消防署の久地出張所隊員。水難救助隊でもある。「川崎市は海もありますし、川が多いんです」。大会に出場したチームは3人構成。市内で指名・選抜されるメンバーとは、抜群のチームワークを発揮する。ポジションは救助者役。「陸でロープを引っ張る補助者が浮環(浮き輪のような救助道具)に結束しやすいように、スタート時にロープをほどきやすくする。泳いでいる間は顔を水に着けない。浮環を溺者役が取りやすいように工夫する」と、競技を真剣な口調で語る。

 ○…海外旅行が好き。今年の冬にはハワイ、タイにも2回行った。ハワイのオアフ島では、景色を楽しめる山登りを満喫したという。普段は「EDM」というジャンルの洋楽を聴いている。「将来は父と同じ救助隊になりたい。火災現場や災害現場は非日常で今まで体験したことのない場ばかり。先輩の経験を聞いて活かしていきたい」と目標を語る。筋トレに励む優しくも厳しい先輩を横目に、カメラに意志ある笑顔を向けた。

宮前区版の人物風土記最新6

田中 信司さん

職人技を駆使し、受験生や闘病者向けにカツ丼キーホルダーを製作している

田中 信司さん

水沢在住 46歳

1月15日号

谷内 颯志朗さん

関東地区代表として子ども将棋大会の全国大会に出場する

谷内 颯志朗さん

宮前平在住 13歳

12月18日号

森島 悠希さん

東急ストアフードステーション宮前平駅前店の店長に就いた

森島 悠希さん

宮前平在勤 34歳

11月27日号

脇坂(わきざか) 泰斗さん

川崎フロンターレMFで背番号「8」を付けてプレーする

脇坂(わきざか) 泰斗さん

横浜市青葉区在住 25歳

11月20日号

蟻生  寛郎(ありう ひろお)さん

川崎フロンターレ算数ドリルを創刊以来製作している有馬小の総括教諭の

蟻生 寛郎(ありう ひろお)さん

有馬小学校在勤 45歳

11月13日号

村田 仁志さん

「土橋ウォーク」の発起人として準備を進める

村田 仁志さん

土橋在住 69歳

11月6日号

子の神福祉会便り

地域の福祉をトータルサポート

http://www.fujimiplaza.com/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月15日0:00更新

  • 1月8日0:00更新

  • 12月18日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク