宮前区版 掲載号:2019年7月5日号 エリアトップへ

川崎鷺沼ロータリークラブの会長に7月1日付で就任した 杉田 進さん 菅生在住 74歳

掲載号:2019年7月5日号

  • LINE
  • hatena

「仕事が趣味」、常に全力で

 ○…第42代会長に就任して掲げたテーマは「全会員参加でクラブの活性化を図ろう」。最盛期に70人超だったメンバーも今では24人となった。高齢化の波に押されつつも、地域密着で奉仕活動を行うためにはメンバーの積極性が必要と感じたという。「一人ひとりが満足できる活動に」。メンバーの満足度を高め、より充実した取組を目指す。

 ○…入会36年目。クラブでも古参メンバーとなった。地域社会への奉仕はもちろんのこと、国際的な活動もしていることに魅力を感じ、友人とともに入会した。特に青少年奉仕に力を入れ、これまでに各中学校への薬物防止講話の講師派遣やサッカー大会、青少年絵画展への協賛などに取組んだ。「子どもは地域の宝。今年度もできることを模索していく」

 ○…「趣味がないのが趣味」と笑うほど常に全力で仕事に取り組んできた。大学卒業後、企業に勤め海洋開発で使われる測定機器などの技術開発を担当。12年程勤めたが、会社の移転に伴い独立した。農業の道に進んだのは50歳を過ぎてから。「父が亡くなり、自分がやらなければ畑は終わり、という切羽詰まった状況だった」と振り返る。農協の学校に通い、土の作り方から学び直した。以来、長男と二人三脚で野菜作りに勤しんできた。「一生懸命育てた野菜で喜んでもらえることはやっぱり嬉しい」と満面の笑み。現在は一線を退いたが、「まだ日本にない新しい野菜を育ててみたいね」と夢を語る。

 ○…自治会活動に長年携わり、99年度から15年度まで蔵敷自治会の会長を務めた他、4年前程までは宮前区全町内・自治会連合会の会長として尽力してきた。だからこそ、身近な地域社会を大切にしたいとの想いが強い。「地域奉仕に全力で取り組む」と熱く語った。

宮前区版の人物風土記最新6

冨樫 結菜(ゆいな)さん

都内の舞台やテレビドラマなどに幅広く出演する

冨樫 結菜(ゆいな)さん

川崎市在住 24歳

2月21日号

佐藤 裕介さん

創立40周年を迎える有馬フレンズ総監督で記念式典実行委員長を務めた

佐藤 裕介さん

鷺沼在住 37歳

2月14日号

小谷田(こやた) 實さん

宮前区民生委員児童委員協議会の会長に就任した

小谷田(こやた) 實さん

宮崎在住 71歳

2月7日号

成田 真由美さん

パラリンピック競泳の金メダリストで、東京大会の日本代表入りを目指す

成田 真由美さん

多摩区在住 49歳

1月31日号

松平 晃さん

阪神・淡路大震災の日に、神戸市でトランペットを20年にわたり演奏する

松平 晃さん

市内在住 77歳

1月24日号

藤田 道宣さん

車いすフェンシング選手で、東京2020パラリンピック出場を目指す

藤田 道宣さん

菅生在住 33歳

1月17日号

勢津 智佳さん

川崎青年会議所(JC)の理事長に就任した

勢津 智佳さん

幸区在住 39歳

1月10日号

田園アスレ&スイミングスクール

夏休み短期水泳教室と定期会員募集中!

http://www.den-en.co.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月14日0:00更新

  • 2月7日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月21日号

お問い合わせ

外部リンク