宮前区版 掲載号:2019年7月26日号 エリアトップへ

白幡八幡大神 神事に捧ぐ伝統の団子 5時間かけ氏子が手作り

文化

掲載号:2019年7月26日号

  • LINE
  • hatena
手作業で団子をつくる小当番
手作業で団子をつくる小当番

 平の稲毛惣社・白幡八幡大神で夏と秋の祭りに催行されるのが、川崎市の重要習俗技芸に指定されている禰宜舞(ねぎまい)。江戸初期には将軍の前で舞ったとされている由緒ある神事だ。

 この禰宜舞にかかすことができないのが、舞の終わりに神主と氏子たちがまく団子。祭りの前日にあたる宵宮の日に当番の氏子たちが一つひとつ手づくりして用意する。約70軒の氏子から10軒が「小当番」という役を担う。時計周りで1年ずつ夏に交替し、祭りの進行を支える地域の風習だ。

 夏の祭り、禰宜舞は毎年7月の第3日曜日、今年は7月21日に行われた。前日の20日に「小当番」の氏子と総代、会計など役員が白幡八幡大神に集まり団子づくりを開始。朝9時ごろから午後3時ごろまで、休憩1時間をはさむが約5時間かけて約20kg、桶2台分の団子をつくる。

 その時の小当番によってやり方は異なるというが、米粉を練り、筒状にしてから蒸しあげ、杵でついてから形を整える。参加者は「10年に一度くらいのことだから忘れちゃう」と苦笑い。役員が介添えして伝統を守る。

 総代長を務める山田林蔵さん(88)は「地域の伝統をしっかり受け継いでいきたい」と話した。

完成した団子を手に持つ総代長の山田さん
完成した団子を手に持つ総代長の山田さん
厳かに行われた禰宜舞
厳かに行われた禰宜舞

宮前区版のローカルニュース最新6

台風19号の被災地支援

富士見LC

台風19号の被災地支援 社会

鷺沼駅前で募金活動

11月15日号

おもちゃ病院 診察中

おもちゃ病院 診察中 教育

子どもの笑顔が原動力

11月15日号

地域の繋がり深める

地域の繋がり深める 社会

すがお手つなぎまつり

11月15日号

人間とドラゴンの大冒険

人間とドラゴンの大冒険 文化

イオンシネマで試写会

11月15日号

地元ブティックで絵画展

地元ブティックで絵画展 文化

中国楽器「二胡」と共演

11月15日号

東名インター前、花で彩る

土橋園芸クラブ

東名インター前、花で彩る 文化

ネメシアやビオラ950株

11月15日号

森永卓郎氏らが講演

市歯科医師会

森永卓郎氏らが講演 社会

100周年記念で「市民公開講座」

11月15日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月15日0:00更新

  • 11月8日0:00更新

  • 10月18日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

森永卓郎氏らが講演

市歯科医師会

森永卓郎氏らが講演

100周年記念で「市民公開講座」

12月15日~12月15日

宮前区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月15日号

お問い合わせ

外部リンク