宮前区版 掲載号:2019年9月13日号 エリアトップへ

絵本の読み聞かせボランティアを13年続ける 松下 幸子さん 宮崎在住 83歳

掲載号:2019年9月13日号

  • LINE
  • hatena

楽しさが活力

 ○…優しい口調で「惹きつけるよう、魅力的に」絵本を読み聞かせ、時には「これは何だろう」と語り掛ける。読み聞かせるだけでなく、自身の得意な美術の腕を活かして、「子どもたちが飽きないように」と、人気キャラクター人形や、消防車、パトカーなどを牛乳パックや段ボールなどで作成。子どもたちを喜ばせている。「子どもの見聞き入る姿を見られるのがうれしい。自分も楽しませてもらっているの」

 ○…栃木県生まれ。「東京に憧れて」女子美術大学短期大学に進学。卒業しデザイナーとして働き結婚。川崎に根を下ろした。3人姉妹に恵まれ、子育てをしながら絵画を続けていると、夫が自宅にアトリエを造ってくれた。それが評判となり、絵画教室を開き70歳まで指導。宮前区文化協会立ち上げ時の会員でもある。「大好きな絵画に携われてとっても幸せだったわ」とにっこり。連れ添った夫は20年ほど前、定年してすぐ先立ってしまった。「病気だったが弱音を吐かずに気丈にふるまい、最期まで私を気にかけてくれたのよ」と、愛おしそうに話す。今年の8月には、娘と孫との作品展『三代展』を開催。「ひ孫も全員見に来てくれたの」と、声を弾ませ話す姿からは、もう寂しさは感じられない。

 ○…毎週図書館に通う本の虫。そこで見つけた絵本読み聞かせボランティア募集のチラシに、何もわからずに飛び込んだのは13年前のことだ。「70歳で絵画教室をやめたら、何かしらの形で社会貢献を」と決めていた。夢中になり、自宅裏の青少年の家でも読み聞かせ会を開きたいと、仲間と同所に直談判もした。以来13年、各所で絵本の読み聞かせを行っている。「活躍の場を広げたい。依頼があれば喜んでお受けしたい」と活力溢れ、絶えず情熱を燃やしている。

宮前区版の人物風土記最新6

針山 直幸さん

すがお手つなぎまつり実行委員会の委員長を務める

針山 直幸さん

菅生・蔵敷こども文化センター館長 70歳

10月18日号

影山 亥史郎(いしろう)さん

みやまえJUN-CAN会議とみやまえエコPPKの代表を務める

影山 亥史郎(いしろう)さん

有馬在住 72歳

10月4日号

石塚 三郎さん

50周年式典を開催した県営有馬団地自治会の会長を務める

石塚 三郎さん

東有馬在住 78歳

9月20日号

中山 紳一さん

公益財団法人川崎市スポーツ協会の会長に就任した

中山 紳一さん

中原区在住 58歳

9月6日号

小林 昇さん

川崎市遊技場組合の組合長に就任した

小林 昇さん

(有)三島商事 代表取締役社長 55歳

8月30日号

轟(とどろき) 淳次さん

国際ロータリー第2590地区(川崎・横浜)のガバナーに就任した

轟(とどろき) 淳次さん

三和矢崎サービス(株)代表取締役会長 76歳

8月23日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月18日0:00更新

  • 8月30日0:00更新

  • 8月23日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月18日号

お問い合わせ

外部リンク