宮前区版 掲載号:2019年10月4日号 エリアトップへ

みやまえJUN-CAN会議とみやまえエコPPKの代表を務める 影山 亥史郎(いしろう)さん 有馬在住 72歳

掲載号:2019年10月4日号

  • LINE
  • hatena

次代へ繋ぐ街への情熱

 ○…宮前区内で環境に関係する6つの市民グループが集い、エコと循環に関する啓発活動をしている「みやまえJUN─CAN会議」の代表。10月末には、食べ物や食品ロスについて考えるイベントを主催する。

 ○…街おこし協力隊の地区担当や、市民グループみやまえエコPPK(ピンピンコロリ)の代表も兼任。区内小中学校で子どもたちに環境保全の重要性について伝えている。「前任の初代代表に推され、あれよあれよと気がついたら代表だった」とおどけて話す。「どうせやるならエコ活動を広げよう。環境への意識など、若い世代へ繋いでいかなくては」と見据えるのは未来のこと。

 ○…島根県で生まれ育った。大学で経済学を学び、マーケティング調査会社に入社。国内リーディングカンパニーや官公庁などを相手に、時には世界を飛び回る仕事をしてきた。「仕事は人間関係と上司が大事。何かを始めるときは、みんなに話して相談するのが良い。きっと誰かが助けてくれる」と仕事論を語る。東日本大震災を機に退職。「来年には孫が4人になる」とほほ笑む。見事な髭は、保育園でのサンタクロース役のためだとか。「引っ張るから痛いんだよ」と、また目尻が下がる。

 ○…有馬に越してきた40年ほど前、近所の緑豊かな公園の樹木が伐採されると聞いた。いてもたってもいられず、100を超える世帯に「保全」か「開発」か、アンケート調査を行った。結果は6割が「保全」を選択。町会長に集計結果を持って提案に行き、緑は守られた。初めて関わったまちづくりだった。「過激な反対はしたくない。民主的なまちづくりの進め方など、次へと伝えなくては」。以来まちづくりに携わってきた。「宮前を良い街にしたい。寝に帰るだけの街にしたくない」。情熱はまだまだ燃え続ける。

閉店セール 12月31日まで!

金・プラチナ高価買取も2020年12月31日まで!見積り無料

044-833-6891

<PR>

宮前区版の人物風土記最新6

森島 悠希さん

東急ストアフードステーション宮前平駅前店の店長に就いた

森島 悠希さん

宮前平在勤 34歳

11月27日号

脇坂(わきざか) 泰斗さん

川崎フロンターレMFで背番号「8」を付けてプレーする

脇坂(わきざか) 泰斗さん

横浜市青葉区在住 25歳

11月20日号

蟻生  寛郎(ありう ひろお)さん

川崎フロンターレ算数ドリルを創刊以来製作している有馬小の総括教諭の

蟻生 寛郎(ありう ひろお)さん

有馬小学校在勤 45歳

11月13日号

村田 仁志さん

「土橋ウォーク」の発起人として準備を進める

村田 仁志さん

土橋在住 69歳

11月6日号

前島 誠一さん

生田緑地ばら苑「ばら苑ボランティア会」の会長を今春から務める

前島 誠一さん

宮崎在住 69歳

10月30日号

石倉 周さん

中学生野球クラブチーム「川崎宮前ドリームス」を立ち上げ監督を務める

石倉 周さん

鷺沼在住 28歳

10月23日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月27日0:00更新

  • 11月20日0:00更新

  • 11月13日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 目のお悩みQ&A

    専門医が分かりやすく解説

    目のお悩みQ&A

     第5回「急性緑内障発作を起こしやすいと言われ心配です」

    11月27日号

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年11月27日号

お問い合わせ

外部リンク