宮前区版 掲載号:2019年10月18日号 エリアトップへ

すがお手つなぎまつり実行委員会の委員長を務める 針山 直幸さん 菅生・蔵敷こども文化センター館長 70歳

掲載号:2019年10月18日号

  • LINE
  • hatena

子どもたちの「駆け込み寺」

 ○…子どもたちを地域一丸で見守っていこうと、菅生地域の子育て関連施設らが協力して11月に開催する「すがお手つなぎまつり」。初開催時から委員長を務め、今年7回目を迎える。当初、各施設が月に1度、連絡調整のための会議を行っており、「せっかく集まるなら何かやってみようと。“言い出しっぺ”だから委員長を任されている」と控え目に笑う。地域で顔見知りを増やすことがイベントの目的のひとつ。「困っている子どもに誰かが気づいてあげられるように。道ですれ違う時に声を掛けられる関係づくりを地域で進められれば」

 ○…大学卒業後、川崎市に入庁して初めて赴任したのが宮崎こども文化センター(こ文)だった。その後、菅生こ文に異動し、8年間職員として関わった。以降は現場を離れ青少年行政や高齢者関係などに携わったが、菅生こ文が指定管理での運営となると聞き、58歳で早期退職。「天真爛漫な子どもたちに接する現場の方が性に合う」と菅生こ文に再び携わることを決めた。

 ○…まとまった休みが取れるのは年に2回程度と忙しい日々だが、貴重な休みは趣味の「城巡り」を満喫する。天守閣に登り、当時の街並みに思いを馳せる。「老舗の美味しいものを食べるのも楽しみのひとつ」と頬を緩ませる。書道師範の資格を持ち、料理も得意。子どもたちに教えることもあるのだとか。

 ○…「子どもたちの小さなSОSを見逃さず手を差し伸べたい」と語る口調には熱が入る。以前は雨が降る中、裸足で自宅に助けを求めに来る子もいたという。「声をあげられない子どもも多い。だからこそ日常の些細な会話を大切している」と話す。「日本一頼りにされる施設に」。当初からの思いを胸に、真摯に子どもたちに向き合い続ける。

東有馬に11/1(金)開院

10/26(土)・27(日)10時~15時、内覧会開催

http://sol-clinic.jp

<PR>

宮前区版の人物風土記最新6

山地 恒太さん

宮前区在住デュオ、MyKeysのベースを担当する

山地 恒太さん

土橋在住 35歳

11月15日号

マエダ ケンタロウさん

宮前区在住デュオ、MyKeysのボーカル・ギターを担当する

マエダ ケンタロウさん

東有馬在住 34歳

11月8日号

松尾 七慧(ななえ)さん

令和2年度川崎市成人式のポスターデザインで最優秀賞となり、採用が決定した

松尾 七慧(ななえ)さん

西野川在住 17歳

11月1日号

デアラウジョ 利佳子さん

障がいのある子どもと家族をサポートする親の会Shine☆の代表を務める

デアラウジョ 利佳子さん

菅生在住 52歳

10月25日号

影山 亥史郎(いしろう)さん

みやまえJUN-CAN会議とみやまえエコPPKの代表を務める

影山 亥史郎(いしろう)さん

有馬在住 72歳

10月4日号

石塚 三郎さん

50周年式典を開催した県営有馬団地自治会の会長を務める

石塚 三郎さん

東有馬在住 78歳

9月20日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月15日0:00更新

  • 11月8日0:00更新

  • 10月18日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

森永卓郎氏らが講演

市歯科医師会

森永卓郎氏らが講演

100周年記念で「市民公開講座」

12月15日~12月15日

宮前区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月15日号

お問い合わせ

外部リンク