宮前区版 掲載号:2020年1月24日号 エリアトップへ

阪神・淡路大震災の日に、神戸市でトランペットを20年にわたり演奏する 松平 晃さん 市内在住 77歳

掲載号:2020年1月24日号

  • LINE
  • hatena

音色に思い、被災地へ

 ○…阪神・淡路大震災が発生した1月17日。「早朝追悼のつどい」(神戸市)で1999年からトランペット演奏を20年続け、今年は「阪神淡路大震災1・17のつどい」で奏でた。竹灯ろうが輝く、高台にある公園で『花は咲く』や『上を向いて歩こう』を披露。「亡くなった方をしのぶと同時に、被災地の方たちが元気に過ごす活力になれば」と、楽しんでもらうことを心がける。

 ○…公演に出るため震災前日まで神戸市に滞在しており、宿泊していたホテルの倒壊を翌日に知った。その4年後、被災地の知り合いから演奏を依頼されて快諾。「20年も続くとは思わなかったけれども、私が吹ける限り続けていきたい」。強い思いを込める。

 ○…川崎市立西中原中学校に在学中、吹奏楽部が創部しトランペットに出会った。「最初はうまく吹けず悔しくて、毎日のように練習した」と振り返る。日本電気(NEC・中原区)に入社後、すぐに吹奏楽団が発足。初の公演では演奏の出だしでソロ演奏を任された。「今でも鮮明に覚えている。吹ける喜びを得られたかな」。3人の子どもは、たまに孫も連れて遊びにくる。「お正月はみんな集まってにぎやかだったね」と微笑む。

 ○…昨年の台風19号の影響で中原区の自宅が床上浸水し、被災者に。ウェブ上の交流サイト(SNS)で被災状況を発信すると、多くの仲間から激励の言葉をもらった。「一生懸命協力してくれるボランティアの姿に涙が出た。地域の方たちとまちの再生に力を入れたい」。SNSの普及もあり、一緒にステージに立つミュージシャン仲間が増えた。「阪神・淡路大震災を風化させないためにも、私に続くミュージシャンが思いをつないでいってくれたらうれしいですね」

宮前区版の人物風土記最新6

岡野 敏明さん

川崎市医師会の会長で、ダイヤモンド・プリンセスでの医療チームに参加した

岡野 敏明さん

多摩区在住 60歳

3月27日号

せがわ あきこさん(本名:瀬川晶子)

シンガーソングライターで鷺沼でリトミック教室を主宰する

せがわ あきこさん(本名:瀬川晶子)

土橋在住 47歳

3月20日号

目代 鉄男さん

巡り地蔵の馬絹地区世話人とお宿を代々務める

目代 鉄男さん

馬絹在住 68歳

3月13日号

名古屋 徹さん

JAセレサ川崎花卉部馬絹支部長として花桃を市長に贈った

名古屋 徹さん

馬絹在住 58歳

3月6日号

長野 修司さん

第14回みやまえフォトコンテストで審査委員長特別賞を受賞した

長野 修司さん

東有馬在住 47歳

2月28日号

冨樫 結菜(ゆいな)さん

都内の舞台やテレビドラマなどに幅広く出演する

冨樫 結菜(ゆいな)さん

川崎市在住 24歳

2月21日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月27日0:00更新

  • 3月20日0:00更新

  • 3月13日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年3月27日号

お問い合わせ

外部リンク