宮前区版 掲載号:2020年3月13日号 エリアトップへ

延命地蔵、区内9軒巡る 子の健康願う風習で

文化

掲載号:2020年3月13日号

  • LINE
  • hatena
巡り地蔵に手を合わせる。世話人を務める目代さん宅=3月2日
巡り地蔵に手を合わせる。世話人を務める目代さん宅=3月2日

 江戸時代から続く風習「巡り地蔵」。今年も馬絹地区をはじめとする数軒の「お宿」と呼ばれる家々を地蔵が巡った。毎年2月から3月に行われている伝統を紡ぐ風習だが、年々お宿は減少傾向にある。

 「巡り地蔵」は毎年2月から3月にかけて、高津区末長の天台宗・増福寺(寺田良則住職)にまつられる延命地蔵尊を、信仰する家々が供物や線香などをあげて泊める風習。1788(天明8)年に、高津区の男性が病気平癒のため地蔵を寺から借りて家に泊めたのがはじまり。古くは関東一円を巡ったともいい、馬絹地区では100年以上前から続いている。

 地蔵は黒塗りの厨子(ずし)に入っており、車で梶ヶ谷(1軒)から東有馬(2軒)、馬絹(6軒)を巡り、今日3月13日に増福寺に戻る予定だ。厨子についている背負子は、以前は巡る軒数が多く、背負って縁側に腰掛けている間に拝んだ名残。平成初期まで厨子の入った大きな長持ちをリヤカーに載せてお宿をまわっていた。

担い手減少

 地蔵は別名「子育て地蔵」とも呼ばれる。子どもの健康や子宝に恵まれるよう願掛けし地蔵に掛けてある涎掛けをもらい、代わりに新しい涎掛けを奉納する習わしが今も残る。かつては子宝に恵まれない家が人づてに噂を聞き、「お宿」は増えていったが、今は共働き家庭の増加や近所づきあいの希薄化などで減少の一途をたどる。

 3月2日の「お宿」となった、馬絹地区の世話人を務める目代鉄男さん(68)=関連記事に人物風土記=は「曾祖父のころから代々お宿だったと聞いている。年々お宿が減っているが、昔から信仰心深く伝わってきたものを、今後も続けていきたい」と話した。

やすらぎ動物供養塔 東樹院 

合祀10万円(3年間保管/その他プラン有) 見学会実施中 無料送迎致します 

http://www.tojyuin.com/

台風19号被害、現場の声届け

復旧・豪雨対策が加速!「緊急要望書」を市長に提出しました。

https://komei-kawasaki.com/

<PR>

宮前区版のトップニュース最新6

さくら坂商店街が誕生

宮崎台

さくら坂商店街が誕生 社会

20店舗・団体でスタート

5月22日号

巻き込み広げる支援の輪

【Web限定記事】ビヨンドザリーフ

巻き込み広げる支援の輪 社会

シニア手編みマスクで寄付

5月22日号

4世代でCD作り

野川在住福本さん

4世代でCD作り 文化

音楽一家、動画配信も

5月15日号

休校延長、学習に格差

川崎市立校

休校延長、学習に格差 社会

代替案急務も現場頼み

5月15日号

「子フェスタ」ウェブ開催に

「子フェスタ」ウェブ開催に 教育

公開中、イベント自粛受け

5月1日号

馬絹交差点にポスト新設

宮前郵便局

馬絹交差点にポスト新設 社会

住民要望で5年越し実現

5月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月26日18:48更新

  • 5月23日19:33更新

  • 5月21日10:18更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年5月26日号

お問い合わせ

外部リンク