宮前区版 掲載号:2020年3月20日号 エリアトップへ

宮前区人口動態 転入超過で増加つづく 出生減・死亡増、差縮まる

社会

掲載号:2020年3月20日号

  • LINE
  • hatena

 川崎市は2月25日、2019年の人口増減についてまとめた「川崎市の人口動態」を公表した。昨年1月から12月の間に、市全体の人口は1万3890人増加(前年比1491人増)。

 宮前区は1208人増(前年比37人減)で、宮前区発足の翌年(1983年)から37年連続で人口増となっている。

 区別では、全ての区が人口増。最も多かったのは幸区の3584人で、近年トップが続いていた中原区を抜き、政令指定都市移行後初めての結果になった。次いで中原区、3番目の多摩区は、過去10年で最も多い増加数を記録した。宮前区や麻生区、中原区、川崎区では増加数が前年より減少している。

 宮前区の出生数は過去最少の1867人、死亡数は過去最多の1730人。これにより、自然増減(出生数―死亡数)は137人増で、前年より340人差が縮まった。市全体でみても、自然増数は初めて2千人を下回った。

 転入から転出を差し引いた市の社会増減は、23年連続で転入超過。超過数の多い年代は20代で、進学や就職に伴う移動が目立つ。宮前区では2016年から転入超過が続く。市内区間移動も転入超過となっており、転入・転出先は高津区、多摩区といった隣接区の他、中原区が多い。市外では世田谷区、青葉区など近隣市区が多くなっている。

宮前区版のローカルニュース最新6

馬絹の花桃 市長に贈呈

JAセレサ川崎花卉(かき)部

馬絹の花桃 市長に贈呈 文化

3月5日号

リモートで実社会学ぶ

宮崎中3年生

リモートで実社会学ぶ 教育

森永乳業がオンライン授業

3月5日号

名前「たまずん」に

黄金ナマズ

名前「たまずん」に 社会

千件超の応募から選定

3月5日号

宮前区から9人受賞

宮前区から9人受賞 教育

青少年育成の功労者を表彰

3月5日号

歩いて宮前再発見

宮前区観光ガイドの会

歩いて宮前再発見 スポーツ

3月5日号

転入数が激減

川崎市人口動態

転入数が激減 社会

コロナで移住控え

3月5日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月5日0:00更新

  • 2月26日0:00更新

  • 2月12日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年3月6日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク