宮前区版 掲載号:2020年7月24日号 エリアトップへ

葛藤抱え涙の断髪式 旧中川部屋 元幕下旭勇幸

スポーツ

掲載号:2020年7月24日号

  • LINE
  • hatena
断髪式に臨んだ旭勇幸
断髪式に臨んだ旭勇幸

 幸区南加瀬の大相撲・旧中川部屋所属で地元出身の元幕下力士「旭勇幸(きょくゆうこう)」の濱上京介(はまがみきょうすけ)さんが今月、引退した。同部屋を巡っては親方の不適切指導があったとされ、部屋が閉鎖されたことが報じられた。濱上さんは複雑な胸中を明かしつつ、部屋で学んだことを母校の後輩たちに伝えたいと語る。

 旭勇幸のしこ名で土俵に上がっていた濱上さんは、今年3月の春場所で左腕を肉離れ。肩をあげることができず、生命線である左まわしを取る相撲がとれなくなった。その後、腫れはひいたが、稽古の申し合いで再び負傷。さらに路上でつまずき、受け身をとった際に負傷し感覚がなくなった。5月下旬、引退を決意し師匠に伝えると、親方は数秒間の沈黙の後「そうか。ケガも多かったからな。お前が決めたことだ。俺は止められない」と語った。おかみさんは涙したという。

 幸区南加瀬出身。県立向の岡工業高校を経て、川崎区にあった春日山部屋に入門した。その後、部屋の騒動で追手風部屋に移籍。当時から指導に当たっていた中川親方が春日山部屋を継承し、中川部屋へ移った。「残ってくれてありがとうな」。師匠からそう声をかけられ「最後の師匠と決めた」という。

 稽古では「自分の型をもちなさい」と言われ続けた。通算戦績は147勝128敗27休。幕下昇進を決めた昨年3月場所の一番は最も印象に残る取組。私生活では「目配り、気配りの利く人間になれ。一日一日を大切に」と親方に説かれた。「部屋に入ったおかげで人間的にも成長した」と濱上さんは語る。

 時に厳しい指導があったが、部屋は家族のような温かい雰囲気だと思っていた。だが、親方の行き過ぎた指導が報じられると「親方への受け止め方についてみんないろんな考え方を持っていた」ことに初めて気づいた。「親方と、力士同士とも、もっとコミュニケーションをとることができれば」と悔やむ。騒動を機に、同部屋の力士たちは複数の部屋へ移籍したが「早く新しい部屋に慣れてほしい」と気遣う。

 第2の人生は、建設会社で働く。まずは体を治し、現役時代135kgあった体重を100kgに落とすことを目標にする。断髪式では、向の岡工業高校の清田英彦監督から「指導者として今後うち(向工)でやってほしい」とも伝えられた。清田監督は「人間としても裏表がなく、後輩に優しい。力士時代から(向工で)全力で指導してくれていた」と濱上さんの人間性を評価する。

 母校に出向いて後輩たちに胸を貸す日々。濱上さんは「食事の大切さ、下半身の鍛錬の重要さを伝えています。引退後も、相撲界に関われることに喜びを感じています」と語る。

宮前区版のローカルニュース最新6

消防出初式で決意新た

消防出初式で決意新た 社会

規模縮小、表彰と動画

1月14日号

プラ循環「成功させる」

プラ循環「成功させる」 社会

福田市長が新年の辞

1月14日号

看護職の将来設計考える

看護職の将来設計考える 社会

市協会、2月に座談会

1月14日号

新体制が始動

川崎青年会議所

新体制が始動 経済

1月14日号

気軽に体験、文化講座

気軽に体験、文化講座 文化

市民館で2月開講

1月14日号

加藤登紀子コンサート

【web限定記事】

加藤登紀子コンサート 文化

タウンニュースホール

1月14日号

子の神福祉会便り

地域の福祉をトータルサポート

http://www.fujimiplaza.com/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月14日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月17日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook