神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
宮前区版 公開:2020年10月2日 エリアトップへ

「のらぼう人生」凝縮 高橋孝次さん 書籍刊行

文化

公開:2020年10月2日

  • X
  • LINE
  • hatena
新著を手にする高橋さん
新著を手にする高橋さん

 川崎市の伝統野菜「のらぼう菜」を70年作り続ける高橋孝次さん(88)=多摩区=が、書籍『のらぼう菜―太茎多収のコツ』を今月刊行した。

 のらぼう菜は甘みが特徴のアブラナ科の野菜で、鎌倉時代から市内で栽培が始まったとされる。高橋さんは市内学校で食育の出前授業を続け、2015年には県内2人目の「地域特産物マイスター」に認定。書籍では歴史や栽培方法のポイント、おいしい食べ方などをまとめている。

 高橋さんは「のらぼうで人生の最後を飾る気持ちを本に託した。10年来の夢が叶ってうれしい」と思いを語る。執筆に協力した市民団体「かわさきのらぼうプロジェクト」の清水まゆみさんは「表紙題字は高橋さん直筆。菅地区の『のらぼう菜』と共に歩んだ88年の重みを感じる」と話す。

 一般社団法人農山漁村文化協会発行、A5判88ページで税込1320円。市内書店や通販サイトAmazon(アマゾン)で購入できる。問合せは清水さん(norabona2020@gmail.com)。

宮前区版のローカルニュース最新6

あそびの達人を募集

市民館

あそびの達人を募集

8月イベント

5月18日

活動の成果を発表

市民館拠点23団体

活動の成果を発表

みやまえJAM

5月17日

赤ちゃんロボを寄贈

赤ちゃんロボを寄贈

市内企業が保育所などに

5月17日

小道彩るバラの花

小道彩るバラの花

有馬川沿い

5月17日

動画配信と市民招待

市制100周年記念式典 川崎市

動画配信と市民招待

5月17日

新日本学園に支援基金

漫画家・迫稔雄さん

新日本学園に支援基金

「子どもの可能性広がる」

5月17日

意見広告・議会報告政治の村

  • 災害に強い川崎へ!(中)

    宮前ガバナンス5月号 連載寄稿

    災害に強い川崎へ!(中)

    〜情報を一早くキャッチで身の安全を!〜川崎市議会議員 石田 やすひろ

    5月17日

あっとほーむデスク

  • 4月26日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

  • 4月5日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年5月18日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook