宮前区版 掲載号:2021年1月15日号 エリアトップへ

職人技を駆使し、受験生や闘病者向けにカツ丼キーホルダーを製作している 田中 信司さん 水沢在住 46歳

掲載号:2021年1月15日号

  • LINE
  • hatena

本物以上に美味しそうに

 ○…昨年、市内で唯一の美術食品模型会社の2代目に就任した。「かわさきマイスター」に認定されている父の背中を見て育ち、「食品サンプルは見た目が勝負。本物以上に美味しそうに作らなければならない」と職人の心意気を継ぐ。その道を極めようと「日々精進」の毎日だ。数年前に父が私的に作ったミニサイズのカツ丼が「受験や闘病のお守り」として口コミで人気となり、商品化に着手。今年は「アマビエ」のシールを添えて「コロナに勝つ」意味合いも持たせた。「カツが沈まないように気配りしながら造りました」と食品サンプルで培った技術を駆使し、一つ一つ手作りにこだわる。

 ○…幼いころからモノ作りが得意。高校卒業後に調理師免許を取得。築地の寿司店で修業していたが、家業を継ぐため戻ってきた。あれから26年。当時は飲食店向けの仕事が主だったが、近年はTVドラマやCMで使用する小道具の依頼も増えてきた。「誰もが美味しいと思える一瞬をとらえることが難しい」。ワークショップを開くなど、小中学生のキャリア教育の活動にも注力。「ゼロからモノを作り出す楽しさを伝えたい」。地域では稗原小のPTA会長を務めた。父の会にも所属し、警察や消防、自衛隊を招いた「防災防犯キャンプ」を開催したことが一番の思い出だ。

 ○…数年前から日本食ブームに手応えを感じている。食品サンプルは日本独自の文化のため、インターネットを活用しての海外進出も視野に入れる。現在は両親と妻の4人で業界をけん引。娘2人には継がせる気はなく、「自分の代でやりつくす」とキッパリ。「カツ丼サンプルキーホルダーを様々なことに挑戦する人たちに手にしてもらいたい」。自らを鼓舞するように語った。

宮前区版の人物風土記最新6

登里 享平さん

川崎フロンターレDF(ディフェンダー)で背番号「2」をつける

登里 享平さん

30歳

2月26日号

大山 庸介さん

【web限定記事】生産性向上・働き方改革の優れた取り組みを表彰された

大山 庸介さん

馬絹在勤 43歳

2月19日号

森 大輔さん

かわさき☆えるぼしに認定された「福吉塗装」で代表を務める

森 大輔さん

土橋在住 52歳

2月12日号

西方 忠男さん

第15回宮前区フォトコンテストで審査委員長特別賞を受賞した

西方 忠男さん

宮崎在住 76歳

2月5日号

小沼 レオンさん

ゴミ拾い団体ワンワールド・デザイン代表として活動を続ける

小沼 レオンさん

小台在住 21歳

1月29日号

田村 延子さん

食生活推進員として、食のボランティア活動を行う

田村 延子さん

けやき平在住 77歳

1月22日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月26日0:00更新

  • 2月12日0:00更新

  • 1月15日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年2月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク