宮前区版 掲載号:2021年1月29日号 エリアトップへ

ゴミ拾い団体ワンワールド・デザイン代表として活動を続ける 小沼 レオンさん 小台在住 21歳

掲載号:2021年1月29日号

  • LINE
  • hatena

「特技は失敗、趣味は成長」

 ○…ゴミ拾いを続けて3年。「恩師が美徳を積む事を良しとする人で、感化された」。常にトングとゴミ袋を持ち歩き、学校やアルバイトの帰り道に活動。例え疲れ果てていても、深夜になっても、宮前平駅から自宅まで、時には遠征してでもゴミを拾う。「ゴミを拾っている時よりも、しばらくできなかった時にゴミが増えたと実感する。人は道が綺麗だとポイ捨てしないみたい」。地域を綺麗にする仲間も増えた。そのほとんどは若者だ。

 ○…父はイングランド人。小中学生時代を「まるで勉強もせず、劣等感を持っていた」と振り返る。しかし高校で恩師に出会う。「褒めて伸ばし、叱る時は叱り、何事にも挑戦する楽しさを教えてくれた」。めきめきと成績は上がり、3年時は10カ月トップを譲らなかった。大学ではデザイン思考を学ぶ。「デザインで地球を一つに」を合言葉に、地球規模で環境問題を憂い、渋谷区に掛け合ったことも。ゴミ拾いの集まりを『ワンワールド・デザイン』という団体として考える。地球上の誰もがその一員だ。失敗を恐れず「特技は失敗、趣味は成長」とひたすらに前を向き挑戦を続ける。来年は大学院進学も決まっている。

 ○…小さな頃からピアノを続け、昨年はフリーランス講師として開業。サッカーも小学校から続けており、バンドを掛け持ちしドラムを担当するなど多才。多忙を極めるが「誰よりも遊んでいると思う。やらなくてはならない事が遊びとイコールだから。やりたい事は全部やりたい」と意に介さない。今後はゴミ拾いの集まりを、環境風刺の製品化や講演により法人化し「バイトしなくても生計が立てられるくらいにしたい」。絵空事の夢ではなく、しっかりとした目標として語った。

宮前区版の人物風土記最新6

安齊 久男さん

川崎市連合遺族会の会長として戦争の悲惨さを伝える

安齊 久男さん

西野川在住 84歳

4月16日号

古川 由美子さん

民間枠の聖火ランナーとして大磯町を走る

古川 由美子さん

土橋在住 56歳

4月9日号

岡野 正志さん

宮前図書館の館長を務める

岡野 正志さん

宮前平在勤 59歳

4月2日号

北村 清士さん

ヨネッティー王禅寺でパステル画教室の講師を30年務める

北村 清士さん

菅生ヶ丘在住 83歳

3月26日号

田代 流生(りゅうい)さん

障害者の芸術活動を支え、彼らが地域で普通に暮らせる社会をめざす

田代 流生(りゅうい)さん

有馬在住 39歳

3月19日号

松澤佑紀さん

アマビエを描く地上絵企画を発案した

松澤佑紀さん

向丘中学校勤務 37歳

3月12日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月16日0:00更新

  • 4月9日0:00更新

  • 4月2日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter