宮前区版 掲載号:2021年2月5日号 エリアトップへ

第15回宮前区フォトコンテストで審査委員長特別賞を受賞した 西方 忠男さん 宮崎在住 76歳

掲載号:2021年2月5日号

  • LINE
  • hatena

チャレンジ精神をいつまでも

 ○…作品のタイトルは「住宅街の秋」。カメラを持ちながらの散策が好きで、下町などの風景を撮影するのが日課。多い時には1日に3〜400枚の写真を撮っていた。しかし新型コロナウイルスが流行し生活が一変。自分の楽しみを続けるため、昨年から区内での散策を開始した。区の印象は「緑や畑に加え、戸建ての特徴ある建物が多い。写真にすると彩りが増えて面白い」。2年連続の入賞について「最高賞を取れるとは思ってなかった。いい写真だとは思っていたのでうれしい」と笑顔で話す。

 ○…中原区出身。5歳の時に父親に二眼レフを買ってもらったのが、写真を撮り始めたきっかけ。妻と出会い、2人の姉妹を育てながら趣味として写真を撮り続けた。「自由にやらせてもらっているのでありがたい」。40代のころには舞台照明に興味を持った。アマチュア劇団に参加するなど、何事も追求する性格。定年後には新たな目標を作りたいという気持ちで、通信制大学の写真コースに入学。本格的に写真とカメラの勉強を始めたのはこの時だ。「まずやってみる。何かを始めるのに、年齢は関係ない」

 ○…最近の息抜きはキーボードを弾くこと。孫が段々と弾けるようになったのを見て、自分も挑戦したくなった。継続して練習することが目標で「この年になって継続は力なりを実感している」と確かな手ごたえ。

 ○…日々意識していることは「何でも一度はやってみよう」というチャレンジ精神。今後の明確な目標はないが、「毎日をしっかり生きていくだけ。また目覚めてよかったと、思える日が続くようにしたい」と話す。「これからも長生きしながら、色々なことにチャレンジしたい」。飽くなき挑戦は続く。

市民後見人になりませんか

8月2日午後2時~川崎市産業振興会館 8月6日午後2時~川崎市総合自治会館

http://www.csw-kawasaki.or.jp/contents/hp0110/index00790000.html

<PR>

宮前区版の人物風土記最新6

小柴 英一さん

川崎市食品衛生協会の会長に、6月20日付けで就任した

小柴 英一さん

幸区在住 82歳

7月1日号

松本 正さん

長崎被爆体験の語り部として活動する

松本 正さん

鷺沼在住 91歳

7月1日号

森山 博之さん

向丘地区青少年指導員会会長を務める

森山 博之さん

南平台在住 64歳

6月24日号

野口 豪さん

福祉作業所「はたけベーカリー」をオープンさせた

野口 豪さん

有馬在勤 35歳

6月17日号

鮫島 隆さん

宮前交通安全協会の会長に5月27日付けで就任した

鮫島 隆さん

土橋在住 62歳

6月10日号

清水 佐江子さん

東高根森林公園の統括責任者に就任した

清水 佐江子さん

神木本町在勤 54歳

6月3日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月1日0:00更新

  • 6月24日0:00更新

  • 6月10日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年7月1日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook