宮前区版 掲載号:2021年2月12日号 エリアトップへ

かわさき☆えるぼしに認定された「福吉塗装」で代表を務める 森 大輔さん 土橋在住 52歳

掲載号:2021年2月12日号

  • LINE
  • hatena

環境づくりは人づくり

 ○…女性の活躍やワーク・ライフ・バランスを推進する企業を市が認証する「かわさき☆えるぼし」。このほど認証された福吉塗装は、市内の小中学校を始め多様な建物の塗装・防水工事を行う企業。塗装業では珍しく女性の雇用を積極的に進め、専用更衣室の設置など、男女ともに働きやすい環境づくりを行ってきた。「きれいに塗装などメンテナンスして、お客様に感謝されるのがうれしい」と仕事の魅力を語る。

 ○…2人兄弟の長男として生まれた。宮崎小・宮崎中・川崎北高校と区内で青春時代を過ごす。宮前の印象は「緑もあるし環境もいい。ここを離れたいとは思わない」。卒業後は小学生の時から熱心に続けた得意の剣道を生かそうと、神奈川県警へ。先代にあたる義父に誘われ塗装業界に足を踏み入れたのは20代半ば。県警から塗装業の転職は珍しく「異色のペンキ屋」と言われることも。妻も同社で働いており「しっかり支えてくれるから集中して仕事ができる」と信頼する。

 ○…息抜きはバイクとゴルフ。休日には社員とツーリングに行き交流を深める。ゴルフの魅力は、思った通りにならないことだそうだ。「なんとかしたいと熱中できる所は仕事に通ずる」と休みの日でも仕事の事は忘れない。

 ○…新しい風を取り込みたいと始めた女性の雇用。今では会社を支える大きな力になっている。社員一丸となった結果、前期の売上は最高を記録した。「モチベーションアップのためのサポートを大切にしている」と好調の要因を語る。「自分を含め、社員と家族の健康を支えるために環境を整えてきた。今後も継続していきたい」と熱き思いを抱えながら、会社のため、人のため、今日も仕事に励み続ける。

宮前区版の人物風土記最新6

安齊 久男さん

川崎市連合遺族会の会長として戦争の悲惨さを伝える

安齊 久男さん

西野川在住 84歳

4月16日号

古川 由美子さん

民間枠の聖火ランナーとして大磯町を走る

古川 由美子さん

土橋在住 56歳

4月9日号

岡野 正志さん

宮前図書館の館長を務める

岡野 正志さん

宮前平在勤 59歳

4月2日号

北村 清士さん

ヨネッティー王禅寺でパステル画教室の講師を30年務める

北村 清士さん

菅生ヶ丘在住 83歳

3月26日号

田代 流生(りゅうい)さん

障害者の芸術活動を支え、彼らが地域で普通に暮らせる社会をめざす

田代 流生(りゅうい)さん

有馬在住 39歳

3月19日号

松澤佑紀さん

アマビエを描く地上絵企画を発案した

松澤佑紀さん

向丘中学校勤務 37歳

3月12日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月16日0:00更新

  • 4月9日0:00更新

  • 4月2日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter