宮前区版 掲載号:2021年2月26日号 エリアトップへ

ラブみやまえインタビュー 「コロナだからこそできることを」 松本実行委員長が抱負を語る

文化

掲載号:2021年2月26日号

  • LINE
  • hatena
質問に答える松本俊一実行委員長
質問に答える松本俊一実行委員長

 区民が皆でまちづくりについて考え、話し合うイベント「まちづくり広場ラブみやまえ」。新型コロナウイルス感染症の影響で、今回は初めてオンライン配信を企画。明日27日の本番を前に、本紙は実行委員長の松本俊一さん(78)に想いを聞いた。

 --今回で13回目の開催になりました。さまざまな障壁があったと思いますが、率直な思いを教えてください。

 「昨年夏の準備段階から、延期か中止かの議論がありました。オンラインではありますが、開催できることになったのはとてもうれしいです」

 --今回は『みやまえラヂオ』と銘打ったオンライン上での配信がメインになりました。開催にあたり意識したこと聞かせてください。

 「例年は区民が会場に来て、見て、体験してという形だった。今年はオンライン上での配信のみになりましたが、ラブみやまえで地域の人たちの横のつながりを強めていくという所は変わらないと思います。やめるのは簡単。どうやって多くの人に地域の事を知ってもらうかを考えました」

 --みやまえラヂオでは「宮前楽市」とリレートーク「みやまえ未来語り」が行われます。注目ポイントははどこでしょうか。

 「『宮前楽市』はコロナ禍で発表の機会がなくなっていた団体の人たちに、発表するチャンスを作ることができたと思います。楽器の演奏披露や取り組みの発表など、オンライン上でも楽しんでもらえるような工夫をしています。『リレートーク』は区に積極的に関わる人達を、中継でつなぎながら、宮前の近い将来について語り合います。宮前や自分が今後どうなっていきたいかを、みんなで考えていきましょう」

 --最後に一言

 「コロナだからこそ街に関わっていく人を増やしたいと考えています。見て、知って、感動して、やってもらいたいと思われるように準備してきました。地域の人に伝えていきたいです」

賃貸オーナー様 大募集!

宮前区で42年の実績・満室の実現・クレーム迅速対応 電通ハウジング

http://den2h.jp/

<PR>

宮前区版のローカルニュース最新6

秋山和慶氏招き演奏会

 混声合唱団「樹林」

秋山和慶氏招き演奏会 文化

8月27日ミューザ川崎で

6月18日号

区役所で天井補強工事

未来思い芋植え汗キラリ

未来思い芋植え汗キラリ 社会

長沢自治会が農園作り

6月18日号

シマウマのミドリ、天国へ

夢見ヶ崎動物公園

シマウマのミドリ、天国へ 社会

22日まで献花受付

6月18日号

宮前担当デビュー

川崎純情小町☆

宮前担当デビュー 文化

3人体制で新たな一歩

6月18日号

太公望の姿 今年も

太公望の姿 今年も 社会

多摩川でアユ釣り解禁

6月18日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月18日0:00更新

  • 6月4日0:00更新

  • 5月28日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月18日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter