宮前区版 掲載号:2021年3月12日号 エリアトップへ

「内水氾濫」区内8%を想定 市公表のマップで明らかに

社会

掲載号:2021年3月12日号

  • LINE
  • hatena

 川崎市は2月12日、最大降雨時に想定される浸水区域や浸水時の避難方法などを示す「内水ハザードマップ」=写真=を公表。宮前区内の浸水区域は区内全域の約8%で麻生区(5%)に次いで2番目に小さい。市の平均は15%だった。

 市は、市民への注意喚起や緊急時の避難に役立ててもらうため、河川が氾濫した場合を想定した「洪水」、土砂災害警戒区域の範囲などを示す「土砂災害」のハザードマップを作成した。

 今回作成したマップは、1時間に153mmと想定最大規模の雨量が降った場合に、下水道の排水機能を超えてマンホールや下水路から水が溢れる場所を示すもの。2m以上の浸水深から、10cm〜20cmまでの道路冠水相当までを色分けし、5段階で表示。併せて、浸水時の避難方法や日頃の備えなどの情報も掲載している。区内では最大浸水量を示す2m以上(1階軒下以上)の箇所はないものの、一部地域で床上浸水相当の1m〜2mが想定されている。

 ハザードマップは市内の区役所などで配布されているほか、電子版を上下水道局のウェブサイトで確認できる。

 市の担当者は「洪水ハザードマップと内水ハザードマップを併せて、いざに備えて下さい」と呼び掛けている。
 

宮前区版のローカルニュース最新6

清掃で広がれ地域の輪

鷺沼町会

清掃で広がれ地域の輪 社会

さぎぬまSC初参加

10月15日号

土橋今昔まち歩き

手作り冊子 第2弾完成

手作り冊子 第2弾完成 文化

向丘第1地区民児協

10月15日号

今季も「攻めて勝つ」

バレー女子NEC

今季も「攻めて勝つ」 スポーツ

山内主将が意気込み

10月15日号

公共施設に生理用品

川崎市

公共施設に生理用品 経済

民間が協力、個室で提供

10月15日号

高齢者の就労を支援

高齢者の就労を支援 社会

川崎市シルバー人材センター

10月15日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月15日0:00更新

  • 10月8日0:00更新

  • 10月1日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook