宮前区版 掲載号:2021年5月14日号 エリアトップへ

宮前警察署の新署長に就いた 竹之内 信尋さん 神木本町在住 52歳

掲載号:2021年5月14日号

  • LINE
  • hatena

正義貫き、いきいきと

 ○…就任時のあいさつで「署員満足度ナンバーワンの署」を目標に掲げた。通常業務をこなすのは当たり前。その上で「メリハリをつけて無駄をなくし、署員がいきいきと良い仕事をすることが、公私、地域にもプラスになるはず」と強調。横断歩道の事故や特殊詐欺など数々の課題はあるが、コロナで思うように対策できない状況が続く。それでも「悪は許せない」と正義の炎を静かに燃やす。

 ○…親しかった駐在の影響もあり、中学の頃から「警察官になる」と心に決めていた。高校を卒業後、故郷大分から寝台列車に揺られ、神奈川県警へ。「先輩についていこうと必死だった」と当時を振り返る。刑事担当部長や県警本部長秘書官、検死室長など、さまざまな職に就いてきた。「大きな事件には当たらなかったが、どれもが思い出深く、一つは選べない」。言わば、職務を全うし事件事故を未然に防ぎ、地域の安心安全を守ってきた証拠だ。

 ○…父の背を追い、娘も警察官に。「当初は心配だったけれど、やりがいを感じているみたい。2人で食事に出掛け、仕事の相談を聞くこともある」と話す顔はうれしそう。幸区の自宅を離れ、警察官舎での単身赴任は今回で2度目で、「料理も上手くなってきた」と得意気。フロンターレファンで、スポーツは観るのもやるのも好き。休日にはジムでトレーニングに励み、フルマラソンは4時間を切る。就任早々シェアサイクルで区内をまわったそう。「住宅街が整備され、落ち着いた街。緑豊かで気持ち良かった」とにっこり。

 ○…大事にするのは孔子の教え『義を見てせざるは勇無き也』。己の損得を考えず何に捉われることなく、正義を貫き、宮前の安心安全を守っていく。

宮前区版の人物風土記最新6

黒澤 克實(かつみ)さん

菅生台自治会会長として児童花壇を発案した

黒澤 克實(かつみ)さん

菅生在住 82歳

6月11日号

保坂 朋宏さん

川崎北部市場水産仲卸協同組合の新理事長に就任した

保坂 朋宏さん

菅生在住 55歳

6月4日号

伏木 賢太郎さん

川崎市中央卸売北部市場商業協同組合の理事長に就任した

伏木 賢太郎さん

水沢在住 61歳

5月28日号

河野 明敏さん

老人クラブ定例会の屋外実施を発案した

河野 明敏さん

鷺沼在住 71歳

5月21日号

竹之内 信尋さん

宮前警察署の新署長に就いた

竹之内 信尋さん

神木本町在住 52歳

5月14日号

杉山 哲男さん

宮前消防署の署長に就任した

杉山 哲男さん

中原区在住 55歳

4月30日号

あっとほーむデスク

  • 6月4日0:00更新

  • 5月28日0:00更新

  • 5月21日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月11日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter