宮前区版 掲載号:2021年5月14日号 エリアトップへ

宮前平小菅生中 「GIGAスクール」推進校に 情報交換の拠点として

教育

掲載号:2021年5月14日号

  • LINE
  • hatena
研修を受ける教員
研修を受ける教員

 「かわさきGIGAスクール構想」に基づいた1人1台のパソコン活用が始まり、宮前平小学校(平木薫校長)と菅生中学校(金子清校長)が市教委と連携して情報交換の中心的役割を担う「推進協力校」に選ばれた。

 推進協力校は市内に12校。端末活用した教育環境をよりよいものにしていくため、市教育委員会と連携して学校で実験的な活動を実施。結果を周辺校に共有し、課題解決を目指す。

 課題のひとつとして挙げられるのは教員の機器活用技術の向上だ。そこで市は技術向上に向けて、市立全小中学校・特別支援学校の教員全員を対象にした操作・活用研修を4月から実施。先月26日には宮前平小で行われた。

 平木校長は「(教師の)活用技術に差を感じる。若い先生は活用が早いが、年配の先生には難しい面もある」と課題を指摘した。

配備完了し活用進める

 「GIGAスクール」構想は新型コロナウイルス感染症拡大による休校措置を受け、国が2023年度までに整備予定だった「1人1台端末」を前倒し、20年度末までに進める方針を示したことがきっかけで計画が前倒しされた。市はICT(情報通信技術)環境の整備をしようと今年3月末までに、市立小中学校・特別支援学校(小中学部)の全児童生徒に端末を配備することを目標に進めてきた。市教委によると、約11万台はすでに市内小中学校に配備を終えたとのこと。市担当者は「転入・転出などにも個別に対応していく。多様な形で活用していきたい」と話した。
 

宮前区版のトップニュース最新6

町会支援に新補助金

川崎市

町会支援に新補助金 社会

活動後押し 7月導入へ

6月11日号

ママ社員発 産褥(さんじょく)支援

(株)ボディスプラウト

ママ社員発 産褥(さんじょく)支援 社会

矯正下着を無償提供

6月11日号

野川発 世界へ

アニメ制作会社

野川発 世界へ 文化

子ども思い CFで

6月4日号

地域巡る「お不動さん」

神木山等覚院

地域巡る「お不動さん」 文化

風習伝え、今年も馬絹に

6月4日号

「ボール禁止」 看板を変更

市内公園

「ボール禁止」 看板を変更 社会

市、規制からマナー啓発へ

5月28日号

ワクチン予約をサポート

ノジマ宮前店

ワクチン予約をサポート 社会

無償支援、地域のために

5月28日号

あっとほーむデスク

  • 6月4日0:00更新

  • 5月28日0:00更新

  • 5月21日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月11日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter