宮前区版 掲載号:2021年9月17日号 エリアトップへ

バスケB1川崎 アシストパスで新基金 今季、次世代の競技振興に

社会

掲載号:2021年9月17日号

  • LINE
  • hatena
施策を発表する篠山選手
施策を発表する篠山選手

 バスケットボール男子Bリーグ1部(B1)の川崎ブレイブサンダースが、今月末に開幕する新シーズンから競技振興を掲げた基金を新設。試合のアシスト(パス)1本あたり1000円を積み立て、市内の子どもたちのために役立てる。

 基金は、バスケで味方の得点につながるパスを指す「アシスト」にちなんだ試み。クラブが昨季から進めるSDGs(持続可能な開発目標)プロジェクト「&ONE(アンドワン)」の一環で、「&ONEアシスト」と名付けられた。

 昨季レギュラーシーズン59試合でのチームアシスト数は1381で、基金に換算すると約140万円に相当する。チームの司令塔を担う篠山竜青選手は、今月11日の会見で「ブレイブサンダースは(前身の)東芝時代から、伝統的にアシストが多いチーム。将来を担う子どもたちの明るい未来をアシストしたい」と思いを語った。

 基金の原資は、シーズン終了後に毎年行うサイン入りユニホームオークションの売り上げから充当。次世代のバスケ振興に活用する。篠山選手をはじめ、川崎市との協議でシーズン後に決める予定だ。

子ども食堂 支援も

 今季の新施策として、ホーム戦の来場者1人につき1円を、市民団体「かわさきこども食堂ネットワーク」を通じて子ども食堂に寄付する取り組みも始める。昨季のホーム戦来場者数は1試合平均2353人でリーグ最多。試合観戦に足を運びクラブのSDGsを身近に感じることで、今後の行動につなげてもらう狙いだ。

宮前区版のローカルニュース最新6

清掃で広がれ地域の輪

鷺沼町会

清掃で広がれ地域の輪 社会

さぎぬまSC初参加

10月15日号

土橋今昔まち歩き

手作り冊子 第2弾完成

手作り冊子 第2弾完成 文化

向丘第1地区民児協

10月15日号

今季も「攻めて勝つ」

バレー女子NEC

今季も「攻めて勝つ」 スポーツ

山内主将が意気込み

10月15日号

公共施設に生理用品

川崎市

公共施設に生理用品 経済

民間が協力、個室で提供

10月15日号

高齢者の就労を支援

高齢者の就労を支援 社会

川崎市シルバー人材センター

10月15日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月15日0:00更新

  • 10月8日0:00更新

  • 10月1日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook