宮前区版 掲載号:2021年11月5日号 エリアトップへ

子ども食堂を開始した「Erii's(エリーズ) Cafe(カフェ)」の代表を務める 小林 貴大さん 菅生ヶ丘在勤 34歳

掲載号:2021年11月5日号

  • LINE
  • hatena

多様な人と共に楽しく

 ○…「地域には障害者や高齢者など、色んな人が住んでいる事を知ってもらいたい」。障害者の日中一時預かりと子ども食堂を交流の場にするべく奔走。関係者の支援を受けながら、みんなが楽しめる空間を目指し日々活動に取り組む。「楽しく過ごしたいという思いに障害の有無は関係ない。共に楽しくを大切にしたい」と爽やかな笑顔で語る。

 ○…長崎に生まれ、すぐに横浜市へ。田園調布学園大に進学した理由は「なんとなく」。しかし、大学で出会った恩師が障害者福祉に関わっていたことから、卒業後は自らも同じ道へ。「一緒に遊びに行くような気持ちで、利用者さんと共に過ごす時間が面白かった」と支援の魅力を語る。過去には稗原小付近に区内初の重度心身障害者グループホームの設立に携わり、所長を務めた。「大学で恩師に会えたのは人生の転機になった」と懐かしむ。

 ○…休日に家族で過ごす時間が一番の息抜き。娘の希望で面白い滑り台や噴水がある特徴的な公園巡りや、夜の山に昆虫採集に出掛けることも。店名の由来は4歳の娘の名前「えり」から。市内を中心に活動する女性と子どもを支援するNPO法人の理事も務める。「家族の支えがあって、今の自分がいる」と感謝を述べる。

 ○…市内の事業所や相談員が不足している現状を知り、今年7月から同所での日中一時預かりと相談支援を始めた。「支援施設を使いたいのに(不足して)使えないケースは多い」と問題点を指摘。今後、地域に必要とされる場所を目指し大学周辺の住民との連携も模索中だ。「勉強や遊びにこだわらず、その時に必要とされる場所を目指してみんなで笑い合いながら頑張りたい」と語る顔から笑顔が溢れた。

宮前区版の人物風土記最新6

関口 真由(まさよし)さん

みやまえ情報ラボで最年少メンバーとして活躍する

関口 真由(まさよし)さん

菅生在住 22歳

1月28日号

恒川 康夫さん

ベンチ設置など鷺沼町会でさまざまな取り組みを推進する

恒川 康夫さん

鷺沼在住 86歳

1月21日号

神園 佳昌(よしあき)さん

川崎青年会議所(JC)の第72代理事長に就任した

神園 佳昌(よしあき)さん

幸区在住 35歳

1月14日号

山田 和穂さん

2年ぶりに再開した稗原小算数ボランティアのまとめ役を務める

山田 和穂さん

菅生在住 56歳

12月24日号

松山 知明さん

各種歯科健診などの取り組みを進める

松山 知明さん

川崎市歯科医師会会長 62歳

12月17日号

都倉 建藏さん

宮崎町内会長として宮崎台小芋ほり交流などに取り組む

都倉 建藏さん

宮崎在住 76歳

12月3日号

賃貸オーナー様 大募集!

宮前区で42年の実績・満室の実現・クレーム迅速対応 電通ハウジング

http://den2h.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月28日0:00更新

  • 1月21日0:00更新

  • 1月14日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月28日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook