宮前区版 掲載号:2021年11月19日号 エリアトップへ

川崎市 市場で経済支援講演会 補助金活用、事例を紹介

経済

掲載号:2021年11月19日号

  • LINE
  • hatena
診断士と場内事業者でトークセッション
診断士と場内事業者でトークセッション

 川崎市中央卸売市場北部市場で11月9日、市主催の補助金に関する講演会が開かれた。さまざまな活用法を知ってもらい、積極的に申請してもらうことが狙い。市場内の企業らが、補助金を活用してICT化や効率化を進めている事例を伝えた。

 講演会は「事例で学ぶアフターコロナの卸売市場 身近な場内事業者が語る、課題解決の第一歩」と題し、約30人が参加した。東京都中央卸売市場の経営相談員を務める中小企業診断士の高橋美紀さんが、経営活性化へのヒントを講演。周辺環境の現状を把握し課題を抽出、情報を集め対策を練ることが重要と説いた。

 場内の鮮魚・青果・運送業者は、市が提供する独自の補助金活用例を発表。ICTを活用し、人材確保や生産性向上につながった成功例や進捗状況を伝えた。手書き伝票をIT化し、1人あたり月70時間削減できた例などに参加者は耳を傾けていた。

 登壇者からは「補助金活用は書類作成が大変と着手に及び腰になりがちだが、手厚くサポートをしてくれるので活用した方が良い」などの話があり、高橋さんは「こうした事例を参考に市場全体で横展開を」と提案。一方、「値動きが激しく関係業者とも連携の必要があり、すべてをICT化するには1社では限界がある」「市場のIT環境を整えるには、改築が検討されているため時期尚早では」など課題も上がっていた。

 市は年4回、同様の生産性向上・働き方改革セミナーを市内で開催しており、6月に創業支援の先進モデルの紹介、9月にICTの活用に向けたマッチング会を行った。4回目は年度内に予定されている。市場は小規模事業者が多いが支援事業の活用が少なく、いくつか事例が出てきたことから、身近な事業者に触発されることを狙い開催に至った。同セミナーの市場での開催は初めて。

市独自の補助

 補助金をめぐっては、市は中小企業者等の生産性向上と働き方改革支援のため「生産性向上ICT活用支援」「先端設備等実践導入支援」「人材育成事業」「人材確保事業」-の4つの独自施策を展開。市産業振興財団に委託し、同財団内の生産性向上・働き方改革支援コーディネート事務局(【電話】044・548・4152)が申請事業者をフォローする。予算額は2400万円。

 二次募集もあった昨年の活用事業者数は70件。今年は11月10日で予算額に達したが、担当者は「来年も同様に募集を予定している。専門家の無料派遣もしているので、活用して課題解決につなげてほしい」と呼びかけている。

賃貸オーナー様 大募集!

宮前区で42年の実績・満室の実現・クレーム迅速対応 電通ハウジング

http://den2h.jp/

<PR>

宮前区版のトップニュース最新6

特別養子縁組、普及に尽力

五所塚在住浅賀さん

特別養子縁組、普及に尽力 社会

「お話会」で経験語る

1月21日号

節目の10年 思い込めて

みやまえ情報ラボ

節目の10年 思い込めて 文化

市民記者が区長訪問

1月21日号

コロナと経済 両立めざす

黒岩知事インタビュー

コロナと経済 両立めざす 社会

反転攻勢に強い意欲

1月14日号

新成人2287人

宮前区

新成人2287人 文化

時短3部制で式典

1月14日号

つながりテーマに記念事業

区制40周年

つながりテーマに記念事業 文化

式典は7月1日

1月7日号

地域再発見の1年に

新春インタビュー

地域再発見の1年に 社会

南区長、新年の抱負語る

1月7日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月21日0:00更新

  • 1月14日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 宮前歴史探訪記

    連載第十五回 宮前の歴史を学ぶ会

    宮前歴史探訪記

    宮前区の30%は軍用地でした【7】 東部62部隊兵士の葉書 太平洋を往復

    1月21日号

  • 宮前歴史探訪記

    連載第十四回 宮前の歴史を学ぶ会

    宮前歴史探訪記

    宮前区の30%は軍用地でした【6】 東部62部隊兵士の葉書 太平洋を往復

    1月14日号

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook