神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
宮前区版 公開:2024年6月14日 エリアトップへ

川崎市全町内会連合会  能登に義援金「再建を」

社会

公開:2024年6月14日

  • X
  • LINE
  • hatena
川崎市全町内会連合会の幹部と市長
川崎市全町内会連合会の幹部と市長

 川崎市全町内会連合会(持田和夫会長)は6月4日、能登半島地震の被災地に向けた災害義援金約2209万円を、日本赤十字社川崎地区本部長を務める福田紀彦川崎市長に贈呈した。

 能登半島地震の被災地の惨状に、市全町連は2月26日から4月30日まで、各区の町内会や自治会に加入する会員や企業などに募金を呼びかけ、2カ月間で2209万3557円が寄せられた。

 贈呈式には、宮前区の持田会長ら各区の町内会連合会長が出席。持田会長から「被災地の方々の一日も早い生活再建のために役立ててほしい」と福田市長に目録が手渡され、市長からは持田会長に感謝状が贈られた。

 福田市長はこの日に来庁した富山県氷見市の市長からの話に触れ、「氷見市内だけで解体が必要な家屋が500軒あるが1棟を壊すのに2週間かかり、解体業者も市内に10社、県全体で20社しかないそうだ。復興は相当に時間がかかる」と、能登半島の被災地復興の難しさに言及した。

 そのうえで「お預かりした義援金を被災した皆さんに早くお届けしたいとは思う。被災地で何かをすることは難しく、こちらで展開する方法もある。知恵を絞っていく」と話していた。

宮前区版のローカルニュース最新6

共産、擁立取り下げ

衆院19区

共産、擁立取り下げ

7月20日

新年度役員が決定

区内奉仕団体

新年度役員が決定

7月から新体制

7月19日

地元野菜 知る機会に

地元野菜 知る機会に

JA野川支店で直売会

7月19日

振袖で文化の継承を

セレモニア

振袖で文化の継承を

初の社外展示会

7月19日

理美容で途上国を支援

理美容で途上国を支援

6日 チャリティーカット

7月19日

PCとスマホ学ぶ

PCとスマホ学ぶ

シニア向け 参加者募集

7月19日

サマーセール開催中!

店内「宝飾品」「腕時計・目覚まし時計」20%オフ!

044-833-1573

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月19日0:00更新

  • 7月12日0:00更新

  • 6月28日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年7月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook