高津区版 掲載号:2014年10月31日号 エリアトップへ

今年、川崎市総合文化団体連絡会の理事長に就任した 鈴木穆(あつし)さん 溝口在住 77歳

掲載号:2014年10月31日号

  • LINE
  • hatena

溢れる研究心で地域貢献

 ○…市内での文化活動の活性化を目指す「川崎市総合文化団体連絡会」の理事長に就任。「市内でのさまざまな文化講座などを通じ、社会貢献に取り組みたい」と意気込む。各地の文化交流を促進するため、区をまたいで文化祭りなどを開きたいという。「若い世代にも地域の文化や歴史に、もっと興味を持ってもらいたいからね」

 ○…高津区文化協会の会長職を11年続けているほか、タウンニュース高津区版に「高津物語」を連載する文筆家でもある。1996年の創刊から現在まで18年にわたり、1度の休載もなく高津の文化を綴り、今号で866回。既に記事をまとめた書籍上、中巻を出版している。「休まず書き続けることに生き甲斐を感じます」。また高津青年会議の理事長当時、大山街道での特色あるイベント創出のため、高津区民祭の前身である「高津区納涼祭」をスタートさせた。「当時は皆エネルギーが有り余っていた。今でも区民祭が続いていて嬉しい」と微笑んだ。

 ○…生まれも育ちも溝口。「日本人は日本語を大切にすべき。正しい日本語を伝えたい」と、大学卒業後、都内の高校で国語教師を勤めた。その後、大学院で日本文学を研究していたとき、地元郵便局の移転で大山街道に郵便局がなくなってしまったという。これを機に「地元の人たちに奉仕したい」と、街道近隣への新たな郵便局開局に取り組んだ。27歳で当時の川崎高津郵便局(現在の川崎溝ノ口郵便局)を開局。以後65歳まで局長を続けた。

 ○…愛妻家でもあり「夫婦2人で人生を支え合い、喜びをともにできるのが幸せ」と話す。夫人とのニューカレドニア旅行で見た夕焼けが忘れられないという。研究を通じて文学への造詣が深く、毎月『源氏物語』や『徒然草』を市民に教えている。今後の目標は高津物語の下巻と続巻の刊行。そして連載1000回を目指す。溢れる研究心に果てなどない。
 

高津区版の人物風土記最新6

森 繁昭さん

今春、高津区老人クラブ連合会会長に就任した

森 繁昭さん

下野毛在住 75歳

6月21日号

松下 彩花さん

4月のオープンウォータースイミングアジア選手権10Kmの部で優勝した

松下 彩花さん

諏訪在住 26歳

6月14日号

井田 政男さん

多摩川の「アユ釣り」年間の釣果10,000匹を目指す

井田 政男さん

川崎漁協高津地区所属 75歳

6月7日号

中川 美穂さん

どんなもんじゃ祭のチラシを制作する

中川 美穂さん

久地在住 44歳

5月31日号

大橋 雄人さん

大蓮寺の住職でユニークな仏教講座などを企画する

大橋 雄人さん

久本在住 37歳

5月24日号

谷 りりさん

「ごはんソムリエ」としてお米の美味しさを地域に広める

谷 りりさん

区内在住 52歳

5月17日号

ハキマ バトハウイさん

アラブ首長国連邦(UAE)大使館で大使室長を務める

ハキマ バトハウイさん

中原区在住

4月26日号

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

心身清める大祓え

溝口神社

心身清める大祓え

30日 午後4時から

6月30日~6月30日

高津区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第2話 その1 加藤 孝市さん

    6月21日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第1話 その4 英 径夫さん

    6月14日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年6月21日号

お問い合わせ

外部リンク