高津区版 掲載号:2014年11月21日号 エリアトップへ

12年ぶりに川崎に帰ってきました 衆議院議員(元横浜市長) 中田 宏

掲載号:2014年11月21日号

  • LINE
  • hatena

原点の地でふたたび

 私、中田宏は12年ぶりに川崎に帰ってきました。高津区や中原区の方は「なぜ中田が川崎に?」と思われる方もいらっしゃるかもしれません。横浜市長になる前、衆議院議員を3期約9年務めました。小選挙区制度による選挙で宮前区を含む選挙区から出馬しての連続当選。川崎は私にとってまさに原点の地です。

 その後、02年に横浜市長に就任。当時の横浜市政は借金が増大し、破綻寸前の財政状況でした。既得権益を手にした人々からは相当な反発がありましたが、「先憂後楽」(先に行く者が、後に続く世代のために行動する)をモットーに市営バスや市営地下鉄、水道事業で3冠黒字化を達成。その他にも徹底した諸改革を進め、将来世代の債務を約1兆円純減させました。結果として、日本の政治家として、借金純減の最高額となりました。

川崎から日本再生へ

 市長退任後は、衰退する日本の再建をめざして国政への復帰を決意致しました。そして「再チャレンジするなら原点回帰すべき」と、この川崎に帰ってきました。今の制度では神奈川18区。宮前区と高津区の全域、そして中原区の大戸地区が選挙区となります。

 私は、自分が政治家としていかなるポストに就きたい、という願望はありません。唯一あるのは、自分が生まれた国、この日本をよくするためなら何でもやるという思いです。

 テレビでは数十年前にはありえなかったような残酷なニュースが日々報道され、国政も問題が山積み。今この国がよい方向へ向かっていると考えている人はほとんどいないと思います。このままでは子どもたちにこの国をバトンタッチしてあげることはできません。私たちが先人から引き継いだ「日本の良さ」を回復すること、そして「自分はこの国に生まれて幸福だ」という「心のよりどころ」を得られるようにすることが自分の役割のひとつであると肝に銘じ、今後も、初当選以来変わらぬ「好かれようが嫌われようが、言うべきことを言う」「一人でも行動する」というスタンスで日本再建のために行動していきます。

※11月18日起稿
 

中田 宏

川崎市高津区溝口3-11-15 岩崎ビル4A

TEL:044-299-9400

http://nakada.net/

高津区版の意見広告・議会報告最新6

決算審査特別委員会の総括質疑に立つ

志高く真摯に市政へ 市政リポート 54

決算審査特別委員会の総括質疑に立つ

川崎市議会議員 さいとう伸志

10月23日号

急傾斜地・レッドゾーン安全対策を

市政報告

急傾斜地・レッドゾーン安全対策を

自民党 川崎市議会議員 青木のりお

10月16日号

野党統一で「命と暮らし守る」政治を

意見広告

野党統一で「命と暮らし守る」政治を

 立憲民主党 元衆議院議員 三村和也

10月9日号

コロナ禍で「危機的な地域交通」

数値でみる川崎と高津 No.65 シリーズ

コロナ禍で「危機的な地域交通」

みらい川崎市議団 ほりぞえ健(けん)

10月2日号

「高齢者外出支援乗車事業」について

志高く真摯に市政へ 市政リポート 53

「高齢者外出支援乗車事業」について

川崎市議会議員 さいとう伸志

9月25日号

コロナ禍で注目される 「高津区民の移動範囲」

数値でみる川崎と高津 No.64 シリーズ

コロナ禍で注目される 「高津区民の移動範囲」

みらい川崎市議団 ほりぞえ健(けん)

9月4日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月30日号

お問い合わせ

外部リンク