高津区版 掲載号:2016年12月16日号 エリアトップへ

高津物語 連載第九七五回 「高津高女校舎の行方」

掲載号:2016年12月16日号

  • LINE
  • hatena
末長の高台にあった高津高女
末長の高台にあった高津高女

 昭和三年「高津町立高津実科女学校」創立、のち「実科」を廃して「高津町立高津高等女学校」となった。

 後に川崎市と合併して「川崎市立高津高等学校」となった。

 昭和十九年八月一日、川崎市末長二八二番地に校舎を新築移転した。

 末長の「旭ヶ丘校舎」は仮校舎で、戦争が終わり次第、高津高校は旧校舎に戻るものと、私は思っていた。

 法律上、高津高校校地は「日本光学川崎工場」の国有地に変わっていった。

 戦争とは、本当に恐ろしいものである。

 日本が太平洋戦争に敗れこの国有地を、東京都大田区旗の台日本光学大田工場跡地を買ったのは「学校法人立正学園」であった。

 ついでに川崎市溝口の日本光学溝口工場跡地も、立正学園溝口小学校と溝口幼稚園用地として買収された。

 久本の日本光学跡地は、洗足学園用地で、余りに広大なので、通産省地質調査所(現川崎北税務署)が入った。

 また、高津保健所と共に駅前一等地にあった「南武朝鮮人学校」も、川崎北税務署南側に移転して、駅前再開発の端緒を作った。

 また日本光学高津工場は現在建築中の「帝京大学付属溝口病院」の場所にあり、現在九階建ての大きなビルが建築中で、再来年の開院に向け、準備が進められている。

 ここも前身は「三真製綿工場」であったが、火災を出して操業停止となった。

 その後「東京時計高津工場」となった。

 同族の経営になる「タカツ・ボーリング場」等に手を出したが、時代の波に乗れず、消えてしまった。

 昔、玉川電車が「のんびり」と地上を走り、高津駅に止まっていて、お客が来ると待っていてくれた光景を思い出す。

 大井町線が溝口に乗り入れて、府中県道に「開かずの踏切」が出来た。この踏切で、交通事故が多発した。

 「日本光学川崎工場」の溝口進出で、溝口は大きく変わった。立正学園も例外ではなかった。

高津区版のコラム最新6

まちのこぼれ話

郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

まちのこぼれ話

第2話 その3 加藤 孝市さん

7月5日号

区長かわら版

区長かわら版

このコーナーでは区長が公務の中で感じたことなどを自由に綴ってもらいます。

6月28日号

まちのこぼれ話

郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

まちのこぼれ話

第2話 その2 加藤 孝市さん

6月28日号

まちのこぼれ話

郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

まちのこぼれ話

第2話 その1 加藤 孝市さん

6月21日号

まちのこぼれ話

郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

まちのこぼれ話

第1話 その4 英 径夫さん

6月14日号

まちのこぼれ話

郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

まちのこぼれ話

第1話 その3 英 径夫さん

6月7日号

区長かわら版

区長かわら版

このコーナーでは区長が公務の中で感じたことなどを自由に綴ってもらいます。

5月31日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第2話 その3 加藤 孝市さん

    7月5日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年7月12日号

お問い合わせ

外部リンク