高津区版 掲載号:2017年9月29日号
  • googleplus
  • LINE

連載第一〇一四回 高津物語 「医療から村政へ」

 三百年もの昔の話である。

 久本の旧家、今は久本「薬医門」公園として定着している元の主、旧岡家第四世岡道栄は、岡家の伝統を継承すると同時に、「医学稽古所」を久本の地に建立して、東京西南部の医療拠点として、溝口を近代医療の先駆けにしようと、地方行政官である神奈川県知事に願書を提出している。

 文書名を「医道勧学場建立願書」というが、岡家四代目は、久本の地を旧態依然とした雰囲気をぶち壊して、明るく活気のある村に変えようと躍起だったのだ。

 古文書「武州橘樹郡『鈴木藤助日記』安政六年(一八五九)六月九日」を見ると「九日 乙亥大安 雨降、六郎兵衛来、菊来る、おこと大谷帰る」とある次に「岡道栄見舞ニ来囲碁仕候」「由蔵薬鳥行、云々」とあり、度々長尾の鈴木家に往診に出掛けた模様である。

 往診は通常は馬を使って行われたようだ。

 馬が引く「往診用カバン」等をいれた車付小道具入れは現在、愛知県犬山市の「博物館 明治村」に一括寄贈され「川崎市久本・岡コレクション」として一般公開されているから、ご覧になった方も多かろうと思う。

 日本画家の岡信孝氏は現在、久本を離れて、横浜市にお住まいであるが、先生の持論は、日本人の価値基準が時代の流れが速すぎて、時代状況を冷静に見つめる「自分」を掴み切れないでいる。それに反して「西洋の人間存在の価値の基準は、伝統を護ろう護ろうと努力して、時代の状況をみつめる自分をしっかりと掴んでいる」と話されている。

 岡信孝氏の尊敬する恩師の一人、日本画家故奥村土牛先生は「現代の人は、上手に描きすぎる。上手に描くことは誰にも出来るが、上手に描けることを、抑えるのが難しいのだ」と言われたと、岡先生から伺ったことがある。

 「十年奈良に通って絵を描き始め、法隆寺とか東大寺とかに、目が行きます。十年通って良かったなあと思いますのは、路傍の花にも古都奈良を感じられるようになった事です」と謙虚に言われた。十年も二十年も前の話である。

高津区版のコラム最新6件

高津物語

連載第一〇四七回「梶ヶ谷を歩く」

高津物語

5月25日号

高津物語

連載第一〇四六回「高津物語22年」

高津物語

5月18日号

高津物語

連載第一〇四五回「連休に兄二人を想う」

高津物語

5月11日号

高津物語

宮前区・高津区特別編

高津物語

5月4日号

高津物語

連載第一〇四三回「文化の殿堂オープン」

高津物語

4月27日号

高津物語

連載第一〇四二回「石敢當の由来」

高津物語

4月20日号

高津区版の関連リンク

あっとほーむデスク

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

サークル祭で趣味探し

サークル祭で趣味探し

9日、10日 高津市民館

6月9日~6月10日

高津区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 高津物語

    連載第一〇四七回「梶ヶ谷を歩く」

    高津物語

    5月25日号

  • 高津物語

    連載第一〇四六回「高津物語22年」

    高津物語

    5月18日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年5月25日号

お問い合わせ

外部リンク