高津区版 掲載号:2018年1月26日号 エリアトップへ

連載第一〇三〇回 「多摩川大洪水」 高津物語

掲載号:2018年1月26日号

  • LINE
  • hatena

 川崎の西北部を流れる多摩川は、古来から大雨が降るたびに出水し、氾濫を繰り返してきた。

 溝口から下は太古、深さ九メートルの海であったとは、学会の定論であるが、これが浮かび上がってデルタ状となった時、多摩川は南の丘陵と北の武蔵野の間を、いくつにも分かれて流れていた。

 最後は、久地大入樋にかかる大明神山の裾から、大きく屈曲して瀬田に流れ、沼部の方に下り、六郷川と名を変えて羽田の海へ注いでいった。

 稲田村の中野島堤防が決壊し、二子村、溝口村をはじめとする高津村村落数百町歩が水害被害を受け、川崎では六郷橋が流失し、「近代多摩川水害史上最大の水害被害」といわれている。

 この水害を契機にして多摩川土堤の工事が始まり、工期八年を要し、大正十三年に完成した。

 一期工事の終点が久地までで、五里十八間(約二〇キロ)であった。

 この時点は、いまだ平瀬川は大山街道溝ノ口方面に流れ、元高津中央病院裏から高津駅裏、高津スポーツセンター横を経て、諏訪土堤から多摩川に入った。

 多摩川堤防は第二期工事以降、次々に土堤を構築したが、この第二期工事の出発点は、高津区久地からであった。

 多摩川の土堤ができて、多摩川水害の恐怖から遠のいてはいるが「災害は忘れたころにやってくる」のことわざ通り、平生から多摩川氾濫の備えをする必要があると思われる。

高津区版のコラム最新6

まちのこぼれ話

郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

まちのこぼれ話

第4話 その1 宮田  義彰さん

8月23日号

まちのこぼれ話

郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

まちのこぼれ話

第3話 その4 青山 昭久さん

8月16日号

まちのこぼれ話

郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

まちのこぼれ話

第3話 その3 青山 昭久さん

8月9日号

まちのこぼれ話

郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

まちのこぼれ話

第3話 その2 青山 昭久さん

8月2日号

まちのこぼれ話

郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

まちのこぼれ話

第3話 その1 青山 昭久さん

7月26日号

区長かわら版

区長かわら版

このコーナーでは区長が公務の中で感じたことなどを自由に綴ってもらいます。

7月26日号

まちのこぼれ話

郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

まちのこぼれ話

第2話 その4 加藤 孝市さん

7月19日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第4話 その1 宮田  義彰さん

    8月23日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第3話 その4 青山 昭久さん

    8月16日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年8月23日号

お問い合わせ

外部リンク