高津区版 掲載号:2018年2月9日号 エリアトップへ

(PR)

眼を傷つける前に花粉症対策を 近年子どもの受診も増加

掲載号:2018年2月9日号

  • LINE
  • hatena

 日本気象協会によると、東京、神奈川エリアの花粉の飛散が2月10日頃から開始する。昨年より飛散量が1・5倍多く、スギ花粉は3月上旬頃から、ヒノキ花粉は4月上旬頃からピークを迎える。

 「花粉に敏感な方は、既に眼のかゆみや充血、涙目などの症状を訴え来院されています」と話すのは、「眼のホームドクター」をモットーに掲げる稲毛眼科医院の稲毛道憲院長。

 花粉症の症状は、くしゃみ、鼻水のほか目の充血、涙、かゆみ、多量の目やになどを伴うケースが多い。

 稲毛院長は「症状をできる限り軽減するためには、症状が出る前、または軽いうちに点眼薬を使用するなど適切な治療を行うことが大切です」と話す。また、近年は子どもの受診者も増えている。「重症化して手でこすると角膜を傷つけ、視力低下を引き起こすこともあります。我慢せず専門医にご相談下さい」

稲毛眼科医院

神奈川県川崎市高津区千年641-7SKBldg.l 1階

TEL:044-982-0133

http://inage-eye.com/index.html

高津区版のピックアップ(PR)最新6

超入門編100歳スマホ講座

後々の費用、一切なし4万円〜

納骨でお困りの方に「眞宗寺」の永代供養墓

後々の費用、一切なし4万円〜

生前申込み、改葬代行も可、期限付き「レンタル墓」も新たな選択肢に

1月28日号

革新的巻き爪矯正で注目

革新的巻き爪矯正で注目

大好評の「ツメフラ法」

1月28日号

相続・不動産の悩み解決

相続・不動産の悩み解決

2月12日(土) 無料相談会

1月28日号

見せない補聴器

認定補聴器専門店

見せない補聴器

営業は安心の完全予約制貸出フェアも開催中!

1月21日号

お金のはなし

税理士・FPの高橋さんが解説

お金のはなし

その16「保険について【1】」

1月21日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月4日0:00更新

  • 5月28日0:00更新

  • 5月14日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月28日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook