高津区版 掲載号:2018年3月23日号 エリアトップへ

連載第一〇三八回 「せきかんとう」【1】 高津物語

掲載号:2018年3月23日号

  • LINE
  • hatena

 「せきかんとう」をご存知だろうか。

 『広辞苑』には「沖縄や九州南部で、道路のつきあたりや門・橋などに「石敢当」の三字を刻んで、建ててある石碑。中国伝来の民俗で、悪魔除けの一種。いしがんとう」とある。

 「石敢當」を何処で見たかというと、二ヶ領用水「新雁追橋」を渡って「川崎市北部身体障害者福祉会館・高津授産場」と「宗隆寺溝口墓地」を左に見ながら進み、総合高津中央病院二号棟に入る裏路の入口に、質店の谷川商店の蔵兼店舗があり、そこに「石敢當」が建っている。

 また、JR川崎駅前に「石敢當」があるそうで、一九六〇(昭和三五)年の春に、沖縄からプレゼントされたものだという。それは沖縄より更に南に浮かぶ宮古島の特産、トラパーチン(平行な縞状の構造を持つ多孔質の無機質石灰岩。建築・装飾用。イタリア、特にローマ東郊産のものが著名。また、琉球石灰石をいうこともあると広辞苑にある)で造られているかは定かではないが、前からそこにあって不思議だなと思っていた。今回の「高津物語」で正式に「石敢當」を取り上げて理解を深め、沖縄への一層親近感を深めたいと考えた。

 川崎駅前の「石敢當」建設の由来は、昭和三五年当時、日本は高度経済成長期を迎えていたが、沖縄は戦後日本本土から分離され、アメリカ合衆国の統治となり、米軍基地に姿を変えていた。そこへ台風が襲って、宮古島の被害は酷く、宮古島の人達は「ソテツ地獄」といって、毒性のある蘇鉄さえも食用しなければならない程、困り果てていた。

(次号へ続く)
 

高津区版のコラム最新6

まちのこぼれ話

郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

まちのこぼれ話

第2話 その4 加藤 孝市さん

7月19日号

まちのこぼれ話

郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

まちのこぼれ話

第2話 その3 加藤 孝市さん

7月5日号

区長かわら版

区長かわら版

このコーナーでは区長が公務の中で感じたことなどを自由に綴ってもらいます。

6月28日号

まちのこぼれ話

郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

まちのこぼれ話

第2話 その2 加藤 孝市さん

6月28日号

まちのこぼれ話

郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

まちのこぼれ話

第2話 その1 加藤 孝市さん

6月21日号

まちのこぼれ話

郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

まちのこぼれ話

第1話 その4 英 径夫さん

6月14日号

まちのこぼれ話

郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

まちのこぼれ話

第1話 その3 英 径夫さん

6月7日号

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第2話 その4 加藤 孝市さん

    7月19日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年7月19日号

お問い合わせ

外部リンク