高津区版 掲載号:2018年5月11日号
  • googleplus
  • LINE

連載第一〇四五回「連休に兄二人を想う」 高津物語

 兄二人が死んで今はもう居なくなり、私一人が生き残ることになるとは、夢にも想像がつかなかった。

 その頃のわが家は鈴木農園といって、温室があり、メロンや熱帯植物が実っていた。庭には柿の木三本、なつめの木があり、友達がたくさん遊びに来ていた。

 昭和十年代、多摩川の土手ができて、二子橋が架かって玉川電車が溝の口まで乗り入れて、昭和十四年の東京オリンピックが駒澤競技場で開かれるという、希望に満ちた時代だった。

 それが東條首相の出現で一転、戦争の悲劇に落とし込まれた私は小学校三年生、楽しかった一家の心が離れてバラバラになり、祖母は脳溢血になってしまう。たくさんあった土地も農地改革でなくなり苦しい生活を共にした兄二人だった。

 長兄はロータリークラブ、次兄は京都大学仏文科に生き甲斐を見出した。

 桑原武夫、伊吹武彦、生島遼一、多田道太郎などそうそうたるメンバーに憧れて京都大学に進学したまでは良かったが、宇治分校での授業が隣の自衛隊宇治駐屯部隊の実弾演習に暫々中断されるに及び、兄は現実に目覚め学生運動に挺身し、スタンダール、モーパッサン、サルトル、ボーボワールどころではなくなって、井上清先生ら日本史学に転向していき、大学院に進み奈良女子大付属高校教員の後、立命館大学教授となる。正に波乱万丈の人生だったが教え子に「おしん」を演じた女性がいるとも聞いた。片やロータリークラブ、片や平和運動に挺身していった兄二人を私は回想するのみだ。

高津区版のコラム最新6件

高津物語

連載第一〇四七回「梶ヶ谷を歩く」

高津物語

5月25日号

高津物語

連載第一〇四六回「高津物語22年」

高津物語

5月18日号

高津物語

宮前区・高津区特別編

高津物語

5月4日号

高津物語

連載第一〇四三回「文化の殿堂オープン」

高津物語

4月27日号

高津物語

連載第一〇四二回「石敢當の由来」

高津物語

4月20日号

高津物語

連載第一〇四一回「ラジオ深夜便の反響」

高津物語

4月13日号

高津区版の関連リンク

あっとほーむデスク

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

サークル祭で趣味探し

サークル祭で趣味探し

9日、10日 高津市民館

6月9日~6月10日

高津区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 高津物語

    連載第一〇四七回「梶ヶ谷を歩く」

    高津物語

    5月25日号

  • 高津物語

    連載第一〇四六回「高津物語22年」

    高津物語

    5月18日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年5月25日号

お問い合わせ

外部リンク