高津区版 掲載号:2018年9月7日号
  • LINE
  • はてぶ

連第一〇六〇回「半天」 高津物語

 大山街道溝口は古い。古くからある各店舗は、いろいろと工夫をこらして、店の宣伝に努めたが、全く忘れられた物に半天がある。半天は正式に半纏と書き羽織に似て襟の折返しもない簡単な衣服で、作業用として江戸時代から民間で使用された。

 防寒用として、ねんねこ半天、綿入れ半天、袖なし亀の子半天があった。半天は「上の紺屋」が請け負い、染色は紺、又は黒が一般的で祭りの印半纏や火消しの組半天は江戸の庶民文化を伝え、親しまれている。私の愛読雑誌『江戸っ子』創刊号には「革羽織」の写真までが載っている。『半天物語』は溝口入屋建設、二子大亀工務店、宇奈根河崎組、溝口岩崎酒店、溝口島屋家具店、溝口鹿島や材木店、お茶の田中屋、大和屋菓子店の印半天の写真が並び、庶民の文化を伝えているが、辛うじて現存している半天を高津区民祭実行委員会が展示した現物の展示会があった。企画されたのは上田恒三氏で、大山街道各商店の半天が、会場一杯に陳列されていて見事だった。上田さんは「やや邪魔者扱いされている古い半天が庶民の生活文化を伝える貴重な文化財であることを多くの人々に知って頂く為にも、記録を残す必要がある」と多くの人に勧められ、筆をとりましたと解説を記していて、矢倉沢住還や溝口・二子宿の歴史と文化、江戸文字の変遷を説明し、無名の職人たちが創造した粋で、いなせな半天の持つ芸術性や文化性と、この半天を着て家業に励み現在の高津造りに汗を流した人々の姿を知っていただきたいと思いつきました」と動機を記した。大山街道溝口・二子宿の宿場町の庶民文化を伝える半天は、江戸文化を今日に伝える貴重な文化資源だと思います。

高津区版のコラム最新6件

高津物語

連載第一〇七〇回「溝口駅前の変わり様」

高津物語

11月16日号

高津物語

連載第一〇六九回「高津駅前の変貌」

高津物語

11月9日号

高津物語

連載第一〇六七回「多摩川散策」

高津物語

10月26日号

高津物語

連載第一〇六六回「多摩川砂利採掘」

高津物語

10月19日号

高津物語

連載第一〇六五回手描友禅、石渡弘信氏

高津物語

10月12日号

高津物語

連載第一〇六四回「紺屋」

高津物語

10月5日号

高津区版の関連リンク

あっとほーむデスク

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

のくち寄席が20回記念

のくち寄席が20回記念

11月24日 てくのかわさき

11月24日~11月24日

高津区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年11月16日号

お問い合わせ

外部リンク