高津区版 掲載号:2018年12月21日号
  • LINE
  • hatena

連載第一〇七五回「若き日」 高津物語

 若き日、私にも多くの転機があった様に思う。先輩が「やってみろよ」と相談を持掛けてくれた最初の話は、大学院生の頃、オーストラリアの首都キャンベラで、日本語教師を探しているという話だった。地図帳で調べると、オーストラリアの首都は下の方にあった。日本に「養殖真珠」を輸出している会社の本部が、キャンベラにあり、真珠の養殖をしている現場は「アラフラ海」にあるという話であった。アラフラ海は、オーストラリア北端とニューギニア島南西岸との間にある浅瀬で、真珠貝の養殖が盛んで、そこの海で採取される真珠は、殆どが日本本土に輸出される。そのために、日本語の習得は、必修なのだという話であった。日本文学科の院生であった私は、大いに触手を伸ばして、正直「行っても良い」と思って、前任の慶應義塾大学の平松さんに会える所まで行った。日常会話は英語であり、気候も温暖で、過ごし易いという話であった。三男坊の私は別にどこに行っても良かった。長兄も京都にいる次兄も反対しなかった。ただ、祖母が反対した。連れ合いが早く死んだので、女手一つで、切り盛りをしてきた「明治女」の発言は、力があった。「よせ」たったの一言で決まってしまった。この後、友人が自分の母校、大分県の県立高校の国語科教員の空きがあるから行かないか、との話を持ってきてくれた。どんな所か皆目判らなかったが為、友人と一緒に、九州まで下見に行った。生まれて初めての九州旅行で本当に勉強になった。大分県の日田や耶馬溪、周辺は陶芸家の浜田庄司先生が、バーナード・リーチを連れて行かれた所で、テレビで拝見した所であった。どなたも行かないで終わった。

高津区版のコラム最新6件

高津物語

連載第一〇八三回「慰霊碑について」

高津物語

2月15日号

高津物語

連載第一〇八二回「日本河川協会」

高津物語

2月8日号

高津物語

連載第一〇八一回「懐かしき学び舎」

高津物語

2月1日号

高津物語

連載第一〇八〇回「私の通学路【1】」

高津物語

1月25日号

高津物語

連載第一〇七九回「平賀栄治のこと」

高津物語

1月18日号

高津物語

連載第一〇七八回「新春雑感」

高津物語

1月11日号

(公社)神奈川県薬剤師会

2/15(金)「くすりと健康相談薬局」県下一斉相談日。認定薬局はHPで。

https://www.kpa.or.jp/for-all/002-activity/21511/

<PR>

高津区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

  • 5月4日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

たかすぽフェス

たかすぽフェス

16日 野菜の販売も

2月16日~2月16日

高津区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 高津物語

    連載第一〇八三回「慰霊碑について」

    高津物語

    2月15日号

  • 高津物語

    連載第一〇八二回「日本河川協会」

    高津物語

    2月8日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク