高津区版 掲載号:2019年2月22日号 エリアトップへ

連載第一〇八四回「二カ領用水」 高津物語

掲載号:2019年2月22日号

  • LINE
  • hatena

 寒い日が続いている。一月中旬、二カ領用水沿いを溝口から武蔵小杉駅まで「ミュウラボ」の人達と歩いた。多摩川に接していながら、長い間その水を利用することができず、洪水の度に泣かされてきた。多摩川は田畑を呑み込む荒々しい流れではあっても、作物を潤す多摩川では、決してなかった。武蔵小杉の最終地点は二カ領用水が渋川と分離する陸橋の上で、南武沿線道路の始発地点に近く、川崎寄りに少し入った府中県道沿いにあった。その昔、二カ領用水川崎掘りから分水された水は「渋川」と名を変えて、高津区久末方面から流れてきた水は、中原区矢上地点で渋川と合流する。ここから「矢上川」と名付けられて、渋川と合流して、鶴見川に流れて行く。その昔、二カ領用水は武蔵小杉地点で、渋川と分水した。そこに水車が造られて、米や麦、小麦粉等の精米が行われ、二カ領用水の水を使い、小杉の名物とされた地元の「そうめん作り」にも利用されていた。川の水を利用するためには、どうしても堤防を築いて洪水を防ぎ、必要な水だけを引いてくる「二カ領用水」を掘る必要があり、日常生活を送る上での「用水路」として、「二カ領用水」がどうしても必要とされた理由でもあった。沿道の桜と桃の開花が待ち遠しい二カ領用水散策だった。

 渋川は東急東横線「元住吉駅」の手前から八幡橋を渡って、東海道新幹線のガード下を潜って、石神橋を渡って、矢上に出る。

高津区版のコラム最新6

まちのこぼれ話

郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

まちのこぼれ話

第2話 その1 加藤 孝市さん

6月21日号

まちのこぼれ話

郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

まちのこぼれ話

第1話 その4 英 径夫さん

6月14日号

まちのこぼれ話

郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

まちのこぼれ話

第1話 その3 英 径夫さん

6月7日号

まちのこぼれ話

郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

まちのこぼれ話

第1話 その2 英 径夫さん

5月31日号

区長かわら版

区長かわら版

このコーナーでは区長が公務の中で感じたことなどを自由に綴ってもらいます。

5月31日号

まちのこぼれ話

郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

まちのこぼれ話

第1話 その1 英 径夫さん

5月24日号

区長かわら版

区長かわら版

このコーナーでは区長が公務の中で感じたことなどを自由に綴ってもらいます。

4月26日号

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

心身清める大祓え

溝口神社

心身清める大祓え

30日 午後4時から

6月30日~6月30日

高津区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第2話 その1 加藤 孝市さん

    6月21日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第1話 その4 英 径夫さん

    6月14日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年6月21日号

お問い合わせ

外部リンク