高津区版 掲載号:2019年5月1日号 エリアトップへ

5年後のオリンピックを目指す

スポーツ

掲載号:2019年5月1日号

  • LINE
  • hatena

 バレーボールから派生した球技のひとつ「ビーチバレー」。その競技に魅了され、現在、オリンピックを目指す選手がいる。区内在住の斎藤愛莉さん(23)がその人。

 「砂浜の上は思っている以上に走れないし、風の影響も受けボールの動きも変わってくる。けれど、それが面白い」と明るい笑顔でビーチバレーの魅力を話す。

 ビーチバレーに転向して6年。現在、JVAビーチバレーボール・オフィシャルポイントランキング35位(2019年4月17日時点)の位置につけている。定める目標は「まずは20位以内」。また、国内最高峰の大会「ジャパンビーチバレーボールツアー」での表彰台を目下の目標に掲げ、昨年は、高萩サテライトで準優勝を果たすなど実績を積んでいる。

「1秒でも練習したい」

 斎藤さんがビーチバレーと出会ったのは、高校卒業後。それまでは東橘中学校、私立日体荏原高校(現日本体育大学荏原高校)でバレー部に所属し競技に打ち込んでいた。

 身長166センチと選手としては小柄だが、肩の強さを武器に、エースアタッカーとして活躍。高校2年生の時は、関東出場を果たしている。

 「『1秒でも練習していたい』と思うほど、バレーをやり続けたかった」と斎藤さん。卒業後は、日本代表を目標に掲げ、実業団入りを希望しトライアルを受けていた。

 だが、実業団は思うように決まらなかった。「難しいのかもしれない」とあきめかけていたときに、川崎でビーチバレーチームを立ち上げると聞いた。

 試しに練習に参加すると砂の質感、自然の中でプレイするビーチバレーの魅力にみるみるのめり込んだ。

 さらに「オリンピック選手の育成」というチームの設立趣旨にも目が留まった。「可能性があるならかけてみたい」と、競技転向を決心した。

目標真直ぐ見据える

 現在は「ファイテンショップ川崎ルフロン店」でアルバイトをしながら、試合、練習、トレーニングに励む。「『戦績が上がると接客態度も変わる』と言われる」と笑う。練習、試合に合わせてシフトの融通をきかせてくれる職場仲間、応援に駆けつけてくれる店のお客さんに「支えてもらい、感謝している」と話す。

 現在、固定のペアはいない。試合に出場する度に相手を探す。コーチはいるが、試合に同行することは少ない。基本的に1人で自身の課題に向き合うことになる。「競技を辞めたいと思ったことはない。お手本にしている選手もいるけど、同じ競技をしているので、超えたい気持ちの方が強い」と、柔和な表情に内に秘める闘志がにじむ。

 見据えるのは5年後の「パリ五輪」。「今年から世界ツアーの参加も考えていきたい」。新たな時代の幕開けに、力強く語った。

高津区版のローカルニュース最新6

11人が立候補表明

11人が立候補表明 政治

夏の参院選神奈川選挙区

6月21日号

美術作品169点集う

区老人クラブ

美術作品169点集う 文化

老練の秀作で地域魅了

6月21日号

新作第一がV

橘地区バレー

新作第一がV スポーツ

6チームで熱戦

6月21日号

幕末、明治維新の高津辿る

幕末、明治維新の高津辿る 文化

古文書「上田文書」の企画展

6月21日号

フィルム施工の「恩返し」

フィルム施工の「恩返し」 社会

 東野川、青木保男さんの心意気とは?

6月21日号

「介護している人は素敵だよ」

人生100年時代を考える

「介護している人は素敵だよ」 文化

毒蝮三太夫さんインタビュー

6月14日号

集中豪雨への対策を

高津消防署

集中豪雨への対策を 社会

多摩川で水防訓練

6月14日号

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

心身清める大祓え

溝口神社

心身清める大祓え

30日 午後4時から

6月30日~6月30日

高津区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第2話 その1 加藤 孝市さん

    6月21日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第1話 その4 英 径夫さん

    6月14日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年6月21日号

お問い合わせ

外部リンク