高津区版 掲載号:2019年9月6日号 エリアトップへ

全国消防救助技術指導会「溺者救助」で入賞したチームのひとり 矢澤 隼人さん 高津消防署久地出張所勤務 26歳

掲載号:2019年9月6日号

  • LINE
  • hatena

父のような救助隊に

 ○…「タイム26秒台、全国1番で入賞」を目標に掲げ挑んだ全国の指導会。惜しくもタイムは届かなかったが、入賞チーム中、救助の所要時間は最も短かった。昨年11月から週2回、大会前は週5日、1日3時間ほど練習に励んできた。自身は溺者まで泳ぎ浮輪を掴ませるつなぎの役割。「早く泳ぐことはもちろん、溺れている人が浮環をつかみやすいタイミングやロープを引く補助者と呼吸を合わせが重要」。1分1秒を争う人命救助の現場を見据え訓練に励む。

 ○…3歳から明治大学4年生まで、水泳に日々を捧げた。橘高校3年生の時、沖縄のインターハイ「背泳ぎの部」200mで優勝に輝く。五輪出場を目標に必死で練習の日々を送るが、左腕の故障のために断念。昔から夢である「消防士」を目指した。「父が消防士なんです」と笑顔。同僚や先輩・後輩から頼りにされていた父。「負けないようにしないと」と父との背中を追い、前を向く。

 ○…入庁以来、高津消防署に所属。現在は久地出張所で消防隊として放水長や消防車を運転する機関員の役割を担う。「どうすれば火を消せるか、延焼を防げるか。現場に行かないとわからない」。技術と経験が常に問われる。また、火災現場で逃げ遅れた人などを救出する救助隊を目指している。「救助隊は自分が立ち入れない現場にも足を踏み入れられる。自分も更に一歩先へ行きたい」。尊敬する父も同じ救助隊だ。

 ○…海外旅行が好き。今年の冬にはハワイやタイへ行き、ハワイのオアフ島では、山登りを満喫。指導会を終えた現在は「休暇でフェスに行く」と至福のひと時だ。今後は救助隊試験に向けた勉強、さらに来年の指導会に向けた訓練も始まる。「制服を着ている分、責任がある。しっかり気を引き締めたい」と語る。

高津区版の人物風土記最新6

澁谷 直子さん

農業に従事する傍ら、母家を活用したコミュニケーションづくりの場を提供する

澁谷 直子さん

末長在住 45歳

10月18日号

中沢 大輔さん

多摩川緑地バーベキュー広場の統括責任者を務める

中沢 大輔さん

中原区在住 37歳

10月11日号

三鬼 洋二さん

9月5日付で高津警察署長に就任した

三鬼 洋二さん

溝口在住 56歳

10月4日号

佐藤 征一郎さん

9月29日に開演する「民話オペラ」の総監督を務める

佐藤 征一郎さん

末長在住 79歳

9月27日号

秋元 英樹さん

老舗酒屋の三代目として地域イベントなど精力的に盛り上げる

秋元 英樹さん

溝口在住 49歳

9月20日号

樋口 愛さん

先月、セネガルの文化を伝える「着物ショー」を高津市民館で開催した

樋口 愛さん

久本在住 43歳

9月13日号

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

仮装でBBQをしよう

仮装でBBQをしよう

その場で撮影、写真進呈

10月19日~10月27日

高津区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第6話 その1 河原 定男さん

    10月18日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第5話 その4 山田 義太郎さん

    10月11日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第5話 その3 山田 義太郎さん

    10月4日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月18日号

お問い合わせ

外部リンク