高津区版 掲載号:2019年9月27日号 エリアトップへ

9月29日に開演する「民話オペラ」の総監督を務める 佐藤 征一郎さん 末長在住 79歳

掲載号:2019年9月27日号

  • LINE
  • hatena

「本物」常に追い求めて

 ○…オペラの世界に早くから身を投じ、大学院卒業後、ドイツへ。その抜群の歌唱力はもとより、生来の柔軟性を活かした表現力がオペラの本場で瞬く間に認められ、当時も今でも異例となる有名劇場の”座付き”に。約30年前に帰国するまで、超が付くほどの一流オペラ歌手として海外を拠点に活動し、その実績・功績は枚挙に暇がないといった様子。次々飛び出す眩いばかりのエピソードはどれも珠玉。感嘆のため息しか出てこなかった。

 ○…自身が過ごした若き日々を振り返り「常に本物を求めていましたね」とキッパリ。そこには生涯を捧げてきたオペラの「真髄」や「ポリシー」からは遠くかけ離れ、ともすれば集客目的のパフォーマンスにも捉えられかねない近年の業界への危機感も。苦言からは、大御所の不遜さよりも、ひとりの音楽家として、オペラの世界の将来を憂う「責任感」のようなものを感じさせてくれた。

 ○…本物を追求する姿勢は総監督を務めた今回の「民話オペラ」も同じ。市民(アマチュア)合唱団が参加しようとも、芸術と対座する『本物の何か』あることを願い、舞台制作を指揮してきたという。コンサートのソリスト(独唄者)としても世界中で高い評価を受けるなど、オペラの世界にとどまらす活躍の場を拡げてきただけに、妥協を許さず常に高みを目指すリーダーの気構はスタッフやキャストに好影響を及ぼしているに違いない。

 ○…傘寿(80歳)を前にしても、老け込む様子はまったく見せず、地元・末長台自治会の仲間と男声合唱団を結成し指揮者として活動するなど、積上げた経験をすべて地域の音楽文化向上に注いでいる。「病気になる予定?目下ありませんよ」と血気盛んに語ってくれた。本物とは何かの問いに答えを見つけるその日まで。

高津区版の人物風土記最新6

瀧澤 純二さん

高津区で活動する草野球チーム「川崎リバース」の監督を務める

瀧澤 純二さん

宮前区在住 71歳

11月15日号

宮部 哲也さん

高津区PTA協議会会長として地元小・中学校の役員サポート等にあたる

宮部 哲也さん

久地在住 44歳

11月8日号

武井 慎一郎さん

地元ゆかりのプロ歌手・桜井純恵さんのマネージャーとして活動をサポートする

武井 慎一郎さん

北見方在住 53歳

11月1日号

丸山 佑樹さん

開業支援につながるシェアマーケット「ノクチラボ」プロジェクト代表を務める

丸山 佑樹さん

溝口在住 38歳

10月25日号

澁谷 直子さん

農業に従事する傍ら、母家を活用したコミュニケーションづくりの場を提供する

澁谷 直子さん

末長在住 45歳

10月18日号

中沢 大輔さん

多摩川緑地バーベキュー広場の統括責任者を務める

中沢 大輔さん

中原区在住 37歳

10月11日号

三鬼 洋二さん

9月5日付で高津警察署長に就任した

三鬼 洋二さん

溝口在住 56歳

10月4日号

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

森永卓郎氏らが講演

市歯科医師会

森永卓郎氏らが講演

100周年記念で「市民公開講座」

12月15日~12月15日

高津区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第6話 その4 河原 定男さん

    11月8日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第6話 その3 河原 定男さん

    11月1日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第6話 その2 河原 定男さん

    10月25日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月15日号

お問い合わせ

外部リンク