高津区版 掲載号:2019年11月15日号 エリアトップへ

「川崎リバース」快進撃続く 早朝野球大会V2、秘訣は?

文化

掲載号:2019年11月15日号

  • LINE
  • hatena
歓喜の胴上げを受ける瀧澤監督=今号人物風土記=
歓喜の胴上げを受ける瀧澤監督=今号人物風土記=

 川崎市内で活動する草野球チームの中で、早朝・休日野球の王座を決定する「毎日杯川崎選抜野球大会」の決勝戦が11月4日に行われ、高津区を主戦場とする「川崎リバース」が優勝。昨年に続き2連覇を達成した。チームは結成25年目、これまで大きなタイトルにはほぼ無縁だったが、約四半世紀の時を経て一気にブレークといった様相。快進撃に繋がった、その秘訣とは―?

若手メンバーが台頭

 川崎市内にある5つのリーグを勝ち抜いた猛者を相手に、前年覇者として出場した「川崎リバース」。同チームは近年、若手の新メンバーが台頭。決勝戦でも22歳の佐保田雅樹投手の活躍などで、同じ高津リーグを制し勝ち上がってきたジェントルマンを抑え切り大会2連覇を達成した。チームを創成期から支え、現在監督を務める瀧澤純二さんは「選手同士が仲が良く、雰囲気が何よりの”宝”ですね」と昨今の快進撃に目を細め嬉しそうに話す。

共通点は「焼鳥屋の常連 」

 そんな「川崎リバース」のメンバーは最年長の監督(71歳)を筆頭に、最年少は成人したばかりの20歳まで年代どころか出自もバラバラ。唯一の共通点といえば「同じ焼鳥屋さんの常連客」という事。聞けば、溝の口に店を構える「いろは」の常連・瀧澤監督を慕い、野球好きが知らず知らずのうちに集い気が付けば今のチーム構成に。さらに店主の佐保田義樹さんが主将を務め、その息子さんが前出の佐保田投手。監督や主将によるスムーズな若手起用も実を結び、現在の隆盛に繋がっているのだとか。「巡り合わせの産物ですよ」と監督は謙遜するが、この勢い、まだ終わりが見えそうにない。

優勝メンバーは皆、主将が店主の「いろは」常連客
優勝メンバーは皆、主将が店主の「いろは」常連客

(公社)神奈川県薬剤師会

11/18〜23「くすりと健康相談薬局」県下一斉相談日。認定薬局はHPで。

https://www.kpa.or.jp/for-all/21511/

<PR>

高津区版のローカルニュース最新6

「はたらくクルマ」見学しよう

コミュニケーション・プラザ川崎

「はたらくクルマ」見学しよう 文化

12月14日 無料イベント開催

12月6日号

昭和歌謡 口ずさみ

昭和歌謡 口ずさみ 文化

呼華歌劇団、久地で熱演

12月6日号

「自主保育」を知ろう

「自主保育」を知ろう 文化

市内連合団体初の催し

12月6日号

「市広報TV番組」出演へ

写真のたなかや

「市広報TV番組」出演へ 文化

熟練の撮影技術紹介 明日放映予定

12月6日号

ツリー点灯式、音楽で彩る

納税功労者を表彰

川崎北税務署

納税功労者を表彰 社会

18個人と1小学校

12月6日号

久地第三レッズが優勝

高津区少年野球

久地第三レッズが優勝 スポーツ

主将「来年の自信に」

12月6日号

<PR>

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第7話 その3 石塚 卯三夫さん

    12月6日号

  • 区長かわら版

    区長かわら版

    このコーナーでは区長が公務の中で感じたことなどを自由に綴ってもらいます。

    11月29日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第7話 その2 石塚 卯三夫さん

    11月29日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月6日号

お問い合わせ

外部リンク