高津区版 掲載号:2019年11月15日号 エリアトップへ

「川崎リバース」快進撃続く 早朝野球大会V2、秘訣は?

文化

掲載号:2019年11月15日号

  • LINE
  • hatena
歓喜の胴上げを受ける瀧澤監督=今号人物風土記=
歓喜の胴上げを受ける瀧澤監督=今号人物風土記=

 川崎市内で活動する草野球チームの中で、早朝・休日野球の王座を決定する「毎日杯川崎選抜野球大会」の決勝戦が11月4日に行われ、高津区を主戦場とする「川崎リバース」が優勝。昨年に続き2連覇を達成した。チームは結成25年目、これまで大きなタイトルにはほぼ無縁だったが、約四半世紀の時を経て一気にブレークといった様相。快進撃に繋がった、その秘訣とは―?

若手メンバーが台頭

 川崎市内にある5つのリーグを勝ち抜いた猛者を相手に、前年覇者として出場した「川崎リバース」。同チームは近年、若手の新メンバーが台頭。決勝戦でも22歳の佐保田雅樹投手の活躍などで、同じ高津リーグを制し勝ち上がってきたジェントルマンを抑え切り大会2連覇を達成した。チームを創成期から支え、現在監督を務める瀧澤純二さんは「選手同士が仲が良く、雰囲気が何よりの”宝”ですね」と昨今の快進撃に目を細め嬉しそうに話す。

共通点は「焼鳥屋の常連 」

 そんな「川崎リバース」のメンバーは最年長の監督(71歳)を筆頭に、最年少は成人したばかりの20歳まで年代どころか出自もバラバラ。唯一の共通点といえば「同じ焼鳥屋さんの常連客」という事。聞けば、溝の口に店を構える「いろは」の常連・瀧澤監督を慕い、野球好きが知らず知らずのうちに集い気が付けば今のチーム構成に。さらに店主の佐保田義樹さんが主将を務め、その息子さんが前出の佐保田投手。監督や主将によるスムーズな若手起用も実を結び、現在の隆盛に繋がっているのだとか。「巡り合わせの産物ですよ」と監督は謙遜するが、この勢い、まだ終わりが見えそうにない。

優勝メンバーは皆、主将が店主の「いろは」常連客
優勝メンバーは皆、主将が店主の「いろは」常連客

高津区版のローカルニュース最新6

富山に1勝1敗 東地区5位

【Web限定記事】バスケB1・川崎BT

富山に1勝1敗 東地区5位 スポーツ

12月の奮起誓う

11月20日号

2週間で最多308人

【web限定記事】川崎市内の「新型コロナ感染者数」

2週間で最多308人 社会

11月に入り急増傾向に川崎市「対策の徹底を」

11月20日号

幻の「川崎モノレール」辿る

幻の「川崎モノレール」辿る 社会

企画展で溝口駅予想図も

11月20日号

溝口の風物詩、今年も

キラリデッキイルミネーション

溝口の風物詩、今年も 経済

20万球のLEDで彩り

11月20日号

「多摩川なまず」命名を

宇奈根で釣り針に

「多摩川なまず」命名を 文化

3条件で市が募集

11月20日号

操縦士 昼夜2人体制へ

川崎市消防ヘリ

操縦士 昼夜2人体制へ 社会

国基準、段階的に増員

11月20日号

閉店セール 12月31日まで!

金・プラチナ高価買取も2020年12月31日まで!見積り無料

044-833-6891

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 意外と知らない!?ボウリングの魅力

    改装3周年ムサシボウル所属プロがQ&Aで解説!

    意外と知らない!?ボウリングの魅力

    第1回「ジュニア選手の育成」について

    11月20日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第16話 その3 関口 務 さん

    11月20日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第16話 その2 関口 務 さん

    11月13日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年11月20日号

お問い合わせ

外部リンク