高津区版 掲載号:2020年2月28日号 エリアトップへ

郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる まちのこぼれ話 第9話 その3 斉藤 マキ子さん

掲載号:2020年2月28日号

  • LINE
  • hatena

◆戦争中の思い出

 最初は戦争も勝っていましたけどね、皆「勝ってくるぞと勇ましく」って出て行くんです。けれど私の記憶に残っているのは、学生の時分、大学生が皆、列をなして戦争に行く風景。私達は慰問袋を作ってあげました。学生さん達は予科練に行って、皆死にに行くんでしょ。それがかわいそうで一番記憶に残っていますよ。兵隊さんに持たせるために、千人針も刺しました。兵隊さんがお腹に巻いていったんでしょうね。街頭で刺してもらう人もいましたね。本当にかわいそう‥。でも、みんなが出征しましたから‥。送り出すときは日の丸の旗を持って、「お国のために」っていっても、かわいそうでした。一番それが悲しいことだと思いますよ。20歳ぐらいの若い方達でしたからね。昔の話をしても、今の人は解らないと思いますけど、知っておいて欲しいです。

◆終戦を迎えたとき

玉音放送は聞きました。だけど、ラジオでしょ。だから言葉がはっきりしなかったんですよ。でも戦争が終わったのだなってことは解りました。家族皆集まって家の中で聞きました。

 戦争は終わりましたけど、いつまでも戻ってこられない方もいらしたでしょ。戦死なさった方はかわいそうですよね。私の叔父さんたちは皆帰ってきました。近くで亡くなった方はいませんでした。戦争が終わって良かったと思いましたよ。
 

高津区版のコラム最新6

まちのこぼれ話

郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

まちのこぼれ話

第10話 その3 高品千鶴子さん

4月3日号

区長かわら版

区長かわら版

このコーナーでは区長が公務の中で感じたことなどを自由に綴ってもらいます。

3月27日号

教えて!職人さん

教えて!職人さん

vol.2  「塗装業者選びの判断基準」とは?【1】

3月27日号

まちのこぼれ話

郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

まちのこぼれ話

第10話 その2 高品千鶴子さん

3月27日号

まちのこぼれ話

郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

まちのこぼれ話

第10話 その1 高品千鶴子さん

3月20日号

まちのこぼれ話

郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

まちのこぼれ話

第9話 その5 斉藤 マキ子さん

3月13日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第10話 その3 高品千鶴子さん

    4月3日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第10話 その2 高品千鶴子さん

    3月27日号

  • 教えて!職人さん

    教えて!職人さん

    vol.2  「塗装業者選びの判断基準」とは?【1】

    3月27日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年4月3日号

お問い合わせ

外部リンク